シラバス参照

科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
自動登録/観光研究演習A
(Seminer on Tourism Research(A)) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
修士論文作成に向けた発表・議論の習熟 
担当者 (Instructor) 越智 郁乃(OCHI IKUNO)
東 徹(AZUMA TORU)
麻生 憲一(ASOH KEN-ICHI)
小野 良平(ONO RYOHEI)
橋本 俊哉(HASHIMOTO TOSHIYA)
羽生 冬佳(HANYU FUYUKA)
韓 志昊(HAN JIHO)
石橋 正孝(ISHIBASHI MASATAKA)
大橋 健一(OHASHI KENICHI)
門田 岳久(KADOTA TAKEHISA)
葛野 浩昭(KUZUNO HIROAKI)
佐藤 大祐(SATO DAISUKE)
千住 一(SENJU HAJIME)
高岡 文章(TAKAOKA FUMIAKI)
豊田 三佳(TOYOTA MIKA)
豊田 由貴夫(TOYODA YUKIO)
舛谷 鋭(MASUTANI SATOSHI) 
時間割 (Class Schedule) 秋学期 (Fall Semester) 金曜日(Fri) 1時限(Period 1) N222(Room)
単位 (Credit) 1単位(1 Credit) 
科目ナンバリング
(Course Number)
TRG5003 
使用言語
(Language)
その他
(Others) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) UA043 



授業の
目標
Course
Objectives
本授業は、毎回複数人の学生による研究発表・議論を積み重ねることで、修士論文のテーマ設定、内容の深化を図ることを目的とする。 
The goal of this course is to identify master’s thesis topics and engage in-depth with the topic of this course by holding multiple student research presentations and debates during each session. 
授業の
内容
Course
Contents
本授業では、複数教員参加のもとで学生による発表を行い、議論を重ねる。第2回から9回にかけて、数人の発表者が研究発表を行い、各発表者につき複数教員からコメントを得て、学生からの応答を繰り返すことで、修論テーマと内容を明確化していく。第10回では研究科全教員出席のもとで修士論文構想報告会を開催する。第11回から14回では構想報告会の振り返りを行い、各発表者の研究に反映させる。 
This class will involve student presentations and discussion involving participation of multiple faculty members. From the 2nd to 9th sessions, students will do research presentations and each presenter will receive comments from multiple faculty members. Students will clarify the content of their master’s thesis research topic by reviewing the answers to students’ questions. In the tenth class, a master’s thesis proposal meeting will be held with all research faculty in attendance. In the 11th to 14th sessions, students will review the feedback on their presentations in class and ensure that they implement the key points of learning from the discussions into their research. 
授業計画
Course
Schedule
1. 授業の進め方について説明 
2. 研究発表①テーマ設定に向けて 
3. 研究発表②テーマ設定に向けて 
4. 研究発表③テーマ設定に向けて 
5. 研究発表④テーマ設定に向けて 
6. 研究発表⑤内容構成の深化 
7. 研究発表⑥内容構成の深化 
8. 研究発表⑦内容構成の深化 
9. 研究発表⑧内容構成の深化 
10. 研究科全教員参加による修士論文構想発表会 
11. 構想発表会のフィードバック①発表者による構想発表会の振り返りと議論の整理、今後の研究に向けての課題整理 
12. 構想発表会のフィードバック②発表者による構想発表会の振り返りと議論の整理、今後の研究に向けての課題整理 
13. 構想発表会のフィードバック③発表者による構想発表会の振り返りと議論の整理、今後の研究に向けての課題整理 
14. 構想発表会のフィードバック④発表者による構想発表会の振り返りと議論の整理、今後の研究に向けての課題整理 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
事前の発表準備、事後の振り返りに時間を多大な時間と労力を要する。まず、本授業開始までに大まかなテーマ設定とそのための先行研究の読み込み、整理を各自行うこと。また、第2回〜9回にかけて各自発表準備、11回以降は、各発表のフィードバックとして、発表で達成できたこと、今後の課題の整理を行うこと。
 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
発表及び議論の内容を総合的に判断する(100%)
テキスト
Textbooks
適宜指示する。
参考文献
Readings
適宜指示する。
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
注意事項
Notice
 


PAGE TOP