シラバス参照

科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
UP323/身体学特殊演習3
(Advanced Seminar on Body and Theories 3) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
病跡学から考える創造の秘密 
担当者 (Instructor) 香山 リカ(KAYAMA RIKA) 
時間割 (Class Schedule) 秋学期 (Fall Semester) 木曜日(Thu) 2時限(Period 2) N423(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
BEC5220 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) UP323 



授業の
目標
Course
Objectives
病跡学の基本について学び自分の研究との連続性を考える 
After learning the fundamentals of pathology, students will consider how the material relates to their own research. 
授業の
内容
Course
Contents
多くの人に影響を与える芸術家や作家の中には、並外れた創造性や独自性を持つ一方で人格的に偏りがあったり精神病理的な傾向を持ったりしている人も少なからずいる。その人物像や作品に精神医学から光りをあてる病跡学について学び、自分の研究との連続性を検討する。 
Among influential artists and writers who possessed extraordinary creativity and originality, a significant number had eccentric personalities or psychopathological traits. Students will learn about the lives and works of such people in terms of pathologies brought to light through psychiatry. Students will then look for connections with their own individual research themes. 
授業計画
Course
Schedule
1. 病跡学とは何か 
2. 病跡学と倫理 
3. 画家と病跡 
4. 映画監督と病跡 
5. 小説家と病跡 
6. 音楽家と病跡 
7. ダンサーと病跡 
8. 哲学者と病跡 
9. 宗教家と病跡
 
10. ディスカッション① 
11. ディスカッション② 
12. ディスカッション③ 
13. ディスカッション④ 
14. 現代社会と病跡学 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
好きなアーティストについてその生涯を調べ、語れるようにしておく。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
講義中のミニレポートや発言(100%)
テキスト
Textbooks
なし
参考文献
Readings
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
注意事項
Notice
 


PAGE TOP