シラバス参照

科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
VG763/修了研究A
(Study of Master's Thesis A) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
 
担当者 (Instructor) 田中 道昭(TANAKA MICHIAKI) 
時間割 (Class Schedule) 春学期他 (Spring Others)    
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
BDS6020 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes) 2016年度以降入学者対象/「その他」登録 
テキスト用コード (Text Code) VG763 



授業の
目標
Course
Objectives
ビジネスプランの研究テーマ設定、構成・内容等の構想、分析手法の検討等について助言することを目的とする。先行研究の収集・分析、フレームワーク活用での全体構造作成、定量・定性分析手法、ビジネスプラン作成方法等を一貫してレクチャー&ワークで指導。適宜の個別指導も実施。 
The goal is to advise on the research theme of the business plan, concept of the structure and its contents, examination of the analysis method, etc. We consistently provide lectures & work on the collection and analysis of prior research, the creation of the whole structure through the use of the framework, quantitative and qualitative analysis methods, business plan creation methods, etc. We also offer individual guidance as needed. 
授業の
内容
Course
Contents
修了研究ビジネスプランを通じて担当教官として指導していきたいこと。 それは、グランドデザインを意識したビジネスプランである。 グランドデザインとは、世界観や歴史観に基づく大局的で壮大な視点から、国家・社会・ビジネス・企業の在り方を描いていくことであり、それらの全体像と構成要素を明快に指し示していくことである。 グランドデザインにおいて重要なことは、それが全体像や構成要素を指し示すだけではなく、実際に提供していく商品・サービスの細部にまで哲学として行き渡っていくことを凡事徹底していくことである。グランドデザインの中核は、徹底した分析や洞察に基づいて、自らの世界観・ミッション・ビジョン・アイデンティティーを構築していくことである。 「今、世界はどのような状況にあり、自分達が置かれている国家や社会や業界はどのような立場にあるのか?」 「自分達が求められている/果たすべき役割とは何であるのか?」 「その役割にしたがって自分達は何をしていくのか?」 そして、グランドデザインとは、「自分達がどのように在りたいのか?」という自己実現上の目標でなければならないものでもある。 つまりは、「自分達はこう在りたい」という理想の提示でなければならない。 自分達の自己実現上の目標であり理想の提示であるからこそ、現時点においては挑戦的であるからこそ、グランドデザインは自分達や周りの人達を鼓舞し、大きな威力を発揮するものとなるのである。 人口が減少し、人口構造が大きく変化し、閉塞感が強まっている現在の日本に置かれているからこそ、組織や人が長期的に繁栄を続け社会に貢献していくためには、小手先の事業再構築程度では不十分であり、グランドデザインから愚直に問い直し、真のイノベーションを通じて新たな価値を創造していくことが求められているのだ。創造するという、人に与えられた本来の生きる意義に真剣に対峙することが、グランドデザインそのものであるのだ。ありきたりの戦略、ましてや戦術レベルだけで改善を図っていこうとしても、もはや長期的な繁栄は無理な時代に置かれているのである。志向する分野・業界を問わず、「自分は何者か/自分は何を目指すのか/自分は何を目指したいのか?」から愚直に問い直し、「自分はこう在りたい」という理想の提示を、修了研究ビジネスプランを通じて実現していきたいと考える学生の受講を心から歓迎したい。 
We would like to teach via a business plan for completion research as instructors. It is a business plan that takes into consideration grand design. Grand design means depicting the state, society, business, and enterprise from a perspective that is broad and grandiose, based on a view of the world and history and clearly show the whole picture and the components of it. The important thing to note in grand design is not only to indicate the whole picture and the components, but also to make all efforts to disseminate the philosophy to the details of the products and services that are being offered. The core of grand design is to build your own worldview, mission vision, and identity based on thorough analysis and insight. “What is the situation in the world right now, and what is the position of the state, society, and industry in which we are located?", “what role are we requested to play/should play", "what are we going to do according to that role?", and then grand design is "how do we want to be?" and it also must be something that is a self-fulfilling goal. In other words, it must be the presentation of the idea that "we want to be like this". It is challenging when presenting because it is an ideal presentation of a goal of self-realization of oneself, and grand design inspires oneself and the people around them and shows great power. In Japan currently, where the population is decreasing, the population structure is changing greatly, and the sense of stagnation is strong, it is not enough to rebuild the business a small step at a time for organizations and people to continue to contribute to the society in the long term and it is necessary to reconsider grand design and create new value through true innovation. It is important to take seriously the original meaning of life given to people, but that is grand design itself. Even if we try to improve a conventional strategy, let alone at a tactical level, the long-term prosperity will no longer be there. Regardless of the field or industry you aspire to, ask again in a simple and honest way "who am I/what are my goals/what am I aiming for?" We wish to sincerely welcome students who wish to realize the idea of "I want to be like this" through the completion of the research business plan. 
授業計画
Course
Schedule
1. スケジュールや内容等については学生と相談の上で決定 
2. スケジュールや内容等については学生と相談の上で決定 
3. スケジュールや内容等については学生と相談の上で決定 
4. スケジュールや内容等については学生と相談の上で決定 
5. スケジュールや内容等については学生と相談の上で決定 
6. スケジュールや内容等については学生と相談の上で決定 
7. スケジュールや内容等については学生と相談の上で決定 
8. スケジュールや内容等については学生と相談の上で決定 
9. スケジュールや内容等については学生と相談の上で決定 
10. スケジュールや内容等については学生と相談の上で決定 
11. スケジュールや内容等については学生と相談の上で決定 
12. スケジュールや内容等については学生と相談の上で決定 
13. スケジュールや内容等については学生と相談の上で決定 
14. スケジュールや内容等については学生と相談の上で決定 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
経営戦略、マーケティング戦略、財務・ファイナンス、組織・人事、マネジメント、
リーダーシップ等経営学の幅広い分野において、深い知識を身につけておくこと 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
研究内容と結果(50%) 、普段のコミュニケーション(50%)
テキスト
Textbooks
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. 竹内一正  『イーロン・マスクの挑戦』   宝島社  2014  ISBN978-4-8002-2848-2 
2. 田中道昭  『アマゾンが描く2022年の世界』   PHP研究所  2017  ISBN978-4-569-83733-8 
3. 高橋恭介+田中道昭  『あしたの履歴書』   ダイヤモンド社  2017  ISBN978-4-478-10393-7 
その他(Others)
参考文献
Readings
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
注意事項
Notice
本科目は、5年以上の実務経験を有する実務家教員による授業であり、全授業回数の50%以上がディスカッションなど双方向形式の授業によって運営されます。 


PAGE TOP