シラバス参照

科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
自動登録/修士論文指導演習B
(Master's Thesis Supervision B) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
 
担当者 (Instructor) 丸山 千歌(MARUYAMA CHIKA) 
時間割 (Class Schedule) 秋学期他 (Fall Others)    
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
ICC6513 
使用言語
(Language)
その他
(Others) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) VV110 



授業の
目標
Course
Objectives
受講者が修士論文を完成させるために必要な知識やスキルを身につける。さらに、得られたデータをどのように分析し、どのように考察を深めていくかについて、具体例を通して習得し、最終的に修士論文を完成させる。 
In these lessons, students will gain the necessary knowledge and skills to complete their master’s dissertations. They will also be given concrete examples on how to analyze gathered data and deepen related discussions. This will ultimately aid them in completing their dissertations. 
授業の
内容
Course
Contents
受講者が、各自の研究で立てた仮説やリサーチクエスチョンを明らかにするために実施した調査や実験の結果をどのように分析し、さらに考察を深めていくかについて、具体例を用いながら指導する。毎回の授業は、各受講者の得た調査結果や実験結果を軸として進め、各受講者が完成度の高い修士論文を作成できるように導く。 
In these lessons, students will be provided with concrete examples on how to analyze the results of the surveys and experiments they have conducted in order to test their hypotheses or answer their research questions. They will also be taught how to deepen their discussion of these results. Each lesson will focus on the survey or experiment results obtained by each student. This will enable them to produce high-quality dissertations. 
授業計画
Course
Schedule
1. 休暇中の研究の進捗報告、今後のスケジュール 
2. 進捗報告① 
3. 進捗報告② 
4. 進捗報告③ 
5. 調査結果の記載 
6. 調査結果の分析① 
7. 調査結果の分析② 
8. 考察 
9. 進捗報告④ 
10. 進捗報告⑤ 
11. 進捗報告⑥ 
12. 進捗報告⑦ 
13. 最終プレゼン① 
14. 最終プレゼン② 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
受講者は各自、毎回の授業でそれぞれの研究結果について報告できるよう、しっかりと準備をして授業に臨むこと。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
進捗報告(15% 4回)(60%) 、最終プレゼン(40%)
テキスト
Textbooks
なし
参考文献
Readings
授業で適宜紹介する
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
注意事項
Notice
 


PAGE TOP