シラバス参照

科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
VV206/言語教育研究特殊講義B
(Seminar in Language Education Research B) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
担当者 (Instructor) 丸山 千歌(MARUYAMA CHIKA) 
時間割 (Class Schedule) 秋学期 (Fall Semester) 火曜日(Tue) 3時限(Period 3) 7203(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
ICC6140 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) VV206 



授業の
目標
Course
Objectives
外国語としての日本語教育について、最近の言語教育の潮流を概観し、調査・分析を通して、日本語学習者の特徴を理解し、説明することができる。 
Take an overview of recent trends in teaching Japanese as a foreign language, and understand and gain the ability to explain characteristics of Japanese language learners through investigations and analysis. 
授業の
内容
Course
Contents
最近の言語教育の潮流を概観し、外国語としての日本語教育に関連させながら考察することから、日本語学習者の特徴を理解し、説明することができるようになる。日本語を母語としない人々の日本語使用の実態を調査・分析することによって、日本語学習者への理解を深める。さらに、これらの分析結果をどのように実践につなげていくかについての考察も行う。 
Take an overview of recent trends in teaching Japanese as a foreign language, and understand and gain the ability to explain characteristics of Japanese language learners through investigations and analysis. Gain a clear view of characteristics of the Japanese used by non-native speakers of Japanese by investigating and analyzing the actual state of that Japanese. In addition, consider how the results of this analysis can be put into practice. 
授業計画
Course
Schedule
1. 授業説明など 
2. 国際戦略としての英語 
3. 外国語学習の潮流 CEFR① 
4. 外国語学習の潮流 CEFR② 
5. 外国語学習の潮流 CEFR③ 
6. 外国語学習の潮流 CEFR④ 
7. 外国語学習の潮流 CEFR⑤ 
8. 外国語学習の潮流 JF日本語教育スタンダード・外国語学習のめやす 
9. 日本語教育のための質的研究① 
10. 日本語教育のための質的研究② 
11. 日本語教育のための質的研究③ 
12. 日本語教育のための質的研究④ 
13. 日本語教育のための質的研究⑤ 
14. 振り返り 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
毎回の授業で指示する。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
出席及び授業への参加度(50%) 、経過報告など(20%) 、最終レポート(Final Report)(30%)
テキスト
Textbooks
プリント教材を用いる。
参考文献
Readings
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. 吉島茂・大橋里枝他  『外国語教育Ⅱ』   朝日書店  2004   
2. 舘岡洋子  『日本語教育のための質的研究入門」   ココ出版  2015   
3. 中井陽子他  『文献・インタビュー調査から学ぶ会話データ分析の広がりと軌跡」   ナカニシヤ出版  2017   
その他(Others)
内藤哲雄『PAC分析法実施入門』(ナカニシヤ書店 2003)、その他授業で紹介する。
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
注意事項
Notice
 


PAGE TOP