シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2020 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
自動登録/演習 G1
(Seminars G1) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
古代地中海史セミナー1 
担当者 (Instructor) 浦野 聡(URANO SATOSHI) 
時間割 (Class Schedule) 春学期 (Spring Semester) 木曜日(Thu) 3時限(Period 3)  
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
HIS2510 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) AC101 



授業の
目標
Course
Objectives
外国語文献の「読み方」を知る 
Learn how to read foreign-language literature. 
授業の
内容
Course
Contents
学問の世界には、その世界に参加する研究者たちが守っているルールがあります。それぞれが主張することの根拠は何か、註や本文の中で明示する必要がありますし、最初の課題設定から最後の結論にいたるまで、章立てや節立ての組み立てにより、論理的に自らの説を展開しなければなりません。セミナー参加者が共通に興味を持てるテーマについての英語文献を取り上げ、それを講読する中からそうしたルールについて学んでいきます。 
In the world of academia, there are rules to be observed by the researchers who are active in each field. The grounds for the assertions of each researcher must be clearly stated in annotations or in main text, and, from the initial setting of topic to the final conclusion, a researcher's own theory must be logically developed through the structuring of chapters and sections. Seminar participants will take up English-language literature on topics of shared interest, and will learn such rules through reading academic papers. 
授業計画
Course
Schedule
1. 外国語文献の選択 
2. 外国語文献講読1 
3. 外国語文献講読2 
4. 外国語文献講読3 
5. 外国語文献講読4 
6. 外国語文献講読5 
7. 外国語文献講読6 
8. 外国語文献講読7 
9. 外国語文献講読8 
10. 外国語文献講読9 
11. 外国語文献講読10 
12. 外国語文献講読11 
13. 外国語文献講読12 
14. 外国語文献講読13 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
大学入試用英文解釈の参考書を、最初から最後までやり直しておいてください。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
プレゼンテーション(40%) 、出席時の学習態度(60%)
備考(Notes)
欠席3回で単位を出さない。遅刻2回で欠席1回に勘定する。発表できない場合欠席2回に勘定する。
テキスト
Textbooks
なし
参考文献
Readings
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1.   Oxford Classical Dictionary   Oxford UP  2012   
2.   Brill's New Pauly   Brill  2002   
その他(Others)
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
注意事項
Notice
 


PAGE TOP