シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2020 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
自動登録/演習 G2
(Seminars G2) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
古代地中海史セミナー2 
担当者 (Instructor) 浦野 聡(URANO SATOSHI) 
時間割 (Class Schedule) 秋学期 (Fall Semester) 木曜日(Thu) 3時限(Period 3) オンライン
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
HIS2510 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) AC102 



授業の
目標
Course
Objectives
日本語文献の精読を通じ、日本の古代地中海学界の中でどのようなテーマが注目されているのかを学び、自らの研究テーマを決める 
Through careful reading of academic papers especially written in Japanese, participants will learn what themes are attracting attention in Japanese academic world of ancient Mediterranean studies, and will decide their own research themes. 
授業の
内容
Course
Contents
セミナー参加者各自の興味に従い、日本語論文の中から選んで発表していただきます。著者の意図や論理を正確に跡づけ、史料の使い方を学ぶことで、卒業論文に向けて自分自身が何をやらなければならないか知ることができます。自らの興味関心に従って設定したテーマが日本の学界の学問動向の中にどのように位置付き、またそれに対してどのような貢献をすることになると予想されるのか、そうしたことを知るための作業です。 
The seminar participants will be asked to make selections from Japanese-language academic papers according to the interests of each student and to give presentations on them. By accurately tracing the authors' intents and logic and by learning how to use historical materials, students will discover what they must do for their own graduation theses. This work is for the purpose of learning matters such as how a theme set according to a student's interest is positioned within the scholarly trends of Japanese academia, and what sort of contribution the student is expected to make to it. 
授業計画
Course
Schedule
1. 文献選択 
2. 日本語文献発表1 
3. 日本語文献発表2 
4. 日本語文献発表3 
5. 日本語文献発表4 
6. 日本語文献発表5 
7. 日本語文献発表6 
8. 日本語文献発表7 
9. 日本語文献発表8 
10. 日本語文献発表9 
11. 日本語文献発表10 
12. 日本語文献発表11 
13. 日本語文献発表12 
14. 日本語文献発表13 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
夏休み中に、日本語論文を10本以上選んで精読し、その中からどれを発表するか選んでください。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
授業態度(60%) 、プレゼンテーション(40%)
備考(Notes)
欠席3回で単位を出さない。遅刻2回で欠席1回に勘定する。発表できない場合欠席2回に勘定する。
テキスト
Textbooks
なし
参考文献
Readings
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1.   Oxford Classical Dictionary   Oxford UP  2012   
2.   Brill's New Pauly   Brill  2002   
その他(Others)
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
注意事項
Notice
 


PAGE TOP