シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2020 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
自動登録/演習 G13
(Seminars G13) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
古代地中海史セミナー3 
担当者 (Instructor) 浦野 聡(URANO SATOSHI) 
時間割 (Class Schedule) 春学期 (Spring Semester) 木曜日(Thu) 4時限(Period 4)  
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
HIS3510 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) AC113 



授業の
目標
Course
Objectives
各自のテーマに沿った外国語・邦語文献を発表・討議することで、研究テーマを深める。 
Participants will deepen their research themes by giving presentations and discussions on foreign-language and Japanese-language literature matched to their themes. 
授業の
内容
Course
Contents
各自の研究テーマに沿って文献を読み進め、その成果を報告する。引き続き、参加者によってディスカッションをする。 
Participants will advance in reading literature matched to their research themes, report their findings and problematics and continue their discussions with others in the class. 
授業計画
Course
Schedule
1. 成果報告1 
2. 成果報告2 
3. 成果報告3 
4. 成果報告4 
5. 成果報告5 
6. 成果報告6 
7. 成果報告7 
8. 成果報告8 
9. 成果報告9 
10. 成果報告10 
11. 成果報告11 
12. 成果報告12 
13. 成果報告13 
14. 成果報告14 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
春休み中に研究テーマとそれに関わる最新の外国語研究文献を入手し、読み進めておくこと。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
出席時の学習態度(60%) 、プレゼンテーション(40%)
備考(Notes)
欠席3回で単位を出さない。遅刻2回で欠席1回に勘定する。発表できない場合欠席2回に勘定する。
テキスト
Textbooks
なし
参考文献
Readings
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
注意事項
Notice
 


PAGE TOP