シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2020 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
自動登録/演習 H3
(Seminars H3) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
日本中世史演習 
担当者 (Instructor) 佐藤 雄基(SATO YUKI) 
時間割 (Class Schedule) 春学期 (Spring Semester) 木曜日(Thu) 3時限(Period 3)  
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
HIS2510 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) AC127 



授業の
目標
Course
Objectives
日本中世史について基礎的な知識を身につけるとともに,論文や史料などを正確に読み,理解する能力を磨く。2年生の段階では,まず漢文の史料に慣れるとともに,基本的な辞書・事典の使い方,新書・通史レヴェルの文献をきちんと読む力を身につける。 
Students will acquire fundamental knowledge about medieval Japanese history, and refine their ability to accurately read and understand academic papers and historical materials. In the second year, students will first become accustomed to classical Chinese historical materials, learn how to use basic dictionaries and encyclopedias, and acquire the ability to properly read literature such as new publications and complete histories. 
授業の
内容
Course
Contents
①鎌倉幕府の歴史書である『吾妻鏡』を輪読する。
②石井進著『日本の中世〈1〉中世のかたち』(中央公論新社、2002年)を輪読する。
③予備論文・卒業論文作成に向けてレポートを作成する。

①の進め方は,(人数によっては参加者をグループに分け)報告担当者1人を決め,史料原文の読み下し,用語・語句の意味調べ,現代語訳を行い,論点および関連論文・関連史料を検討準備した上で,ゼミで報告する。参加者で質疑・検討を行う。
②の進め方は,毎回20~30分程度を用いて,毎回1章ずつ,参加者全員が事前に読み,コメントペーパーを用意してきて,それをもとに議論を行う。
③については,長期休み中の課題として各自レポート作成を行う。

ゼミ報告の準備のためのサブゼミを行うほか,演習の理解を深めるために,史跡・博物館の巡検やゼミ合宿(年1,2回の予定)なども実施するので、履修者は必ず参加すること。参加者の希望に応じて,随時,崩し字などに関する勉強会も開く。 
(1) Students will engage in group reading of Azumakagami, the historical record of the Kamakura Shogunate. This year, students will read articles about the Jokyu War (jōkyū no ran) in 1221.
(2) Students will join group reading of the textbook.
(3) Students will create reports aimed at writing a preliminary and graduation thesis.

In proceeding with (1), students will (after dividing into groups, depending on the number of people) nominate one person in charge of reports, go through the original texts of historical materials, research the meanings of terms and phrases, and perform translation into modern Japanese language. After making preparations for examining issues and related academic papers and historical materials, students will make reports in the seminar. Participants will engage in Q&As and discussions.
In proceeding with (2), all participants will spend 20-30 minutes to discuss one chapter in each session, based on the reading of the relevant chapter and a comment paper prepared in advance.
For (3), students will create their own reports as homework for the long break.

In addition to conducting a sub-seminar for preparation of seminar reports, the course will help students deepen understanding of the seminars by visiting historical sites and museums and by holding seminar camps (once or twice scheduled per year) as mandatory participation by the students. Study sessions on running-form Chinese characters may also be held, at the request of the participants. 
授業計画
Course
Schedule
1. ガイダンス 
2. 史料・文献輪読(1) 
3. 史料・文献輪読(2) 
4. 史料・文献輪読(3) 
5. 史料・文献輪読(4) 
6. 史料・文献輪読(5) 
7. 史料・文献輪読(6) 
8. 史料・文献輪読(7) 
9. 史料・文献輪読(8) 
10. 史料・文献輪読(9) 
11. 史料・文献輪読(10) 
12. 史料・文献輪読(11) 
13. 史料・文献輪読(12) 
14. まとめ 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
授業の初回に指示する。参加者は自身の報告準備(報告は各学期少なくとも1回)に加えて,毎回予習してくることを前提とする。事前に,いわゆる「通史」ものを読んで,中世,特に鎌倉時代に関する基礎知識を確認しておくとよい(「名著」は多数あるが,比較的入手しやすいものとして,石井進『鎌倉幕府』中公文庫,五味文彦『鎌倉と京』講談社学術文庫)、近藤成一『鎌倉幕府と朝廷』(岩波新書)。

史料読解の訓練のために「古文書」の講義を履修することが望ましい。日本中世史関係の「史学講義」も可能な限り履修してほしい。日本中世史を専攻するという自分の専門性への自覚をもってほしい。教養のありがたさというのは,ある程度専門性を深めた後になってようやく理解されるものだと思う。私自身は皆さんに教養をもってほしいと思うし,そのためにもいろいろな授業を積極的にとってほしいが,それが上っ面の「お勉強」にならないためにも,自分の思考の基礎となる専門性というものを持ってほしいと願っている。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
報告内容(40%) 、参加姿勢(40%) 、レポート(20%)
備考(Notes)
ゼミは毎回参加が原則である。無断欠席は原則認めない。正当な理由のある場合は必ず事前に連絡すること。なお,単位修得のためには,80%以上の出席を必要とする。
テキスト
Textbooks
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. 黒板勝美編  『新訂増補 国史大系 吾妻鏡 第二巻』   吉川弘文館  1974  978-4 642000246 
2. 石井進  『中世のかたち』   中央公論新社   2002  978-4124902105 
その他(Others)
必要なテキストは授業の初回にコピーを配布する予定である。
参考文献
Readings
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. 五味文彦  『増補 吾妻鏡の方法』   吉川弘文館  2000  978-4642077712 
2. 安田元久編  『吾妻鏡人名総覧』   吉川弘文館  1998  978-4642001779 
3. 御家人制研究会編  『吾妻鏡人名索引』   吉川弘文館  1971  978-4642001751 
4. 及川大溪  『吾妻鏡総索引 全2巻』   東洋書林  1999  978-4887213743 
5. 九条兼実  『玉葉』   名著刊行会  1999  978-4839002794 
6. 関幸彦・野口実編  『吾妻鏡必携』   吉川弘文館  2008  978-4642079914 
7. 高橋秀樹  『新訂吾妻鏡1』   和泉書院  2015  978-4-7576-0730-9 
その他(Others)
利用・参照すべき辞書・文献類については,授業中に指示する。
このほかに『大日本史料』第4編 文治元年~承久3年(1185~1221)を利用すること。
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
東京大学史料編纂所データベース http://wwwap.hi.u-tokyo.ac.jp/ships/db.html
そのほかは授業中に指示する。
本演習では中世前期の史料を素材にして歴史の学び方を修得する。3年生用の演習H15と連携する工夫を行う。 
注意事項
Notice
 


PAGE TOP