シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2020 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
その他/卒論演習1
(Seminar on Thesis Writing 1) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
組織における人の心理と行動 
担当者 (Instructor) 石川 淳(ISHIKAWA JUN) 
時間割 (Class Schedule) 春学期 (Spring Semester) 金曜日(Fri) 3時限(Period 3)  
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
BUS4810 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes) コンセントレーション:マネジメント領域,コミュニケーション領域 
テキスト用コード (Text Code) BT503 



授業の
目標
Course
Objectives
これまでのゼミ活動を通じて身につけてきた専門的知識,論理的思考能力,コミュニケーション能力,人間関係能力等をより高度化すると同時に,学術的な価値が高く,かつ,実務に対する貢献度が高い卒業論文を完成させることを目的とする。 
It is our goal for our students to complete a graduation thesis that contributes to the academic world as well as having practical uses in the business world, while at the same time improving on the technical knowledge they have learned, their ability to think logically, and their communication and interpersonal skills. 
授業の
内容
Course
Contents
原則的に3年次のゼミまでに,組織行動論,組織心理学,人材マネジメントに関する基礎的な知識を身につけ,なおかつ自分なりの問題意識を持っていることを前提にしており,活動の中心は,卒業論文の執筆作業となる。ただし,春学期は,卒論執筆の準備作業に加えて,他大とのディベートを行う。
実証研究のプロセスおよび論文の執筆について,個別で行うかプロジェクトを組んでグループ・ワークとして行うかは,諸君の意見と関心を考慮しながら決定する。
論文のテーマは,モチベーション,ストレス,キャリア,リーダーシップ,コミュニケーションなどの組織行動論・組織心理学の分野,もしくは採用マネジメント,報酬マネジメント,評価マネジメント,育成マネジメントなどの人材マネジメント分野から選ぶことになる。具体的なテーマ設定については,履修者の興味と関心を考慮して決定する。 
This seminar will focus mainly on completing the graduation thesis based on the assumption that by the third-year seminar, students are generally expected to have acquired a basic knowledge of organizational behaviour theory, organizational psychology, and human resource management, as well an individualized approach to understanding problems. However, in the spring semester, in addition to preparatory work for writing the graduation thesis, debates will also be held with other universities.
Taking into consideration the opinion of the class, we will decide if the process of doing empirical research and writing the paper will be done individually or as group work in a project format.
The theme of the thesis paper will be selected from topics related to organizational behaviour theory and organization psychology such as motivation, stress, careers, leadership, and communication, or from topics related to human resource management such as recruitment, compensation, personnel evaluations, and personnel training. The specific theme will be decided based on the interests and concerns of the student taking the course. 
授業計画
Course
Schedule
1. イントロダクション 
2. 他大とのディベート準備(1) 
3. 他大とのディベート準備(2) 
4. 他大とのディベート準備(3) 
5. 他大とのディベート 
6. 先行研究レビュー(1) 
7. 先行研究レビュー(2) 
8. 先行研究レビュー(3) 
9. 先行研究レビュー結果の報告会 
10. 研究フレームワーク作成(1) 
11. 研究フレームワーク作成(2) 
12. 研究フレームワーク作成(3) 
13. 卒論中間報告会 
14. 春学期活動の振り返り
なお,上記はあくまでも予定であり,実際には,受講者の興味関心に合わせて,フレキシブルに運営することとなる。 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
毎回,授業準備が必須となる。具体的にどのような準備が必要になるかは,初回授業時に説明する。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
プロセス:ゼミ運営およびディスカッションへの貢献度(60%) 、アウトプット:他大とのディベートの結果および卒論プレゼンテーションの結果(40%)
テキスト
Textbooks
初回授業時に指示する。
参考文献
Readings
初回授業時に指示する。
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
詳細はゼミのHP(https://www.facebook.com/Ishikawa.seminar)にて指示する。 
注意事項
Notice
 


PAGE TOP