シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2020 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
BX019/経済史1
(Economic History 1) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
入門:経済史の最前線 
担当者 (Instructor) 須永 徳武(SUNAGA NORITAKE)
林 采成(LIM CHAISUNG)
菊池 雄太(KIKUCHI YUTA)
湊 照宏(MINATO TERUHIRO)
岡部 桂史(OKABE KEISHI) 
時間割 (Class Schedule) 春学期 (Spring Semester) 木曜日(Thu) 3時限(Period 3)  
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
ECX1710 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) BX019 



授業の
目標
Course
Objectives
日本,アジア,ヨーロッパの経済史に関する基礎知識を習得しつつ,各分野の研究の最前線はどのようなものなのかに触れる。高校までの学習では扱われない,経済の歴史の多様な考え方,アプローチの仕方を理解する。 
In this course, while acquiring the elementary knowledge of the economic history of Japan, other Asian countries and Europe, you will come in touch with the forefront studies of each field and various approaches of economic history. 
授業の
内容
Course
Contents
経済を学ぶうえで歴史は非常に重要です。なぜなら,歴史を知ることによって,今日の経済社会の成り立ちがはじめて理解できるからです。この授業では,単に過去の出来事を暗記するのではなく,経済がどのように動いてきたのかをとらえようとします。同時に,研究の最前線ではどのようなテーマが扱われ,議論されているのかを,入門的に学びます。
授業は5人の教員が各2~3回のリレー形式で担当します。テーマは教員によって異なります。 
History is an essential component of economics: Learning history, you can well understand the background of the current economic structure. Rather merely memorizing the events in the past days, this course will help you to comprehend how the economy has evolved until today. At the same time, you will get the picture of what topics are discussed on the frontiers of historical research.
The course is held in relay by five lecturers, who talk on a specific theme respectively.
 
授業計画
Course
Schedule
1. イントロダクション 
2. 経済発展とイノベーション―シュンペーターとカーズナー 
3. イノベーションのジレンマ―チャンドラーとクリステンセン 
4. 「戦前」と「戦後」:経済民主化と経済変革 
5. 「戦前」と「戦後」:後発国の工業化 
6. アジアの開港1:清の場合 
7. アジアの開港2:朝鮮の場合 
8. アジアの開港3:アジア域内貿易 
9. 鉄道帝国と東アジア: 台湾と樺太 
10. 鉄道帝国と東アジア: 朝鮮 
11. 鉄道帝国と東アジア: 満鉄と華北交通 
12. 知識・技術・教育の比較経済史1 
13. 知識・技術・教育の比較経済史2 
14. 補足とまとめ 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
基礎知識の確認・整理のために高校時代に使用した日本史や世界史の教科書に目を通すと授業の理解が深まり効果的な学習ができる。復習では配布物やノートのほか,シラバスや授業ごとに挙げる文献が参考になる。  
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
科目担当教員(5人)それぞれより授業内で出される課題の提出(100%)
備考(Notes)
【変更前】筆記試験(Written Exam)100%
テキスト
Textbooks
なし
参考文献
Readings
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. シュムペーター  『経済発展の理論』(上・下)   岩波文庫  1977   
2. 杉山伸也  『グローバル経済史入門』   岩波新書  2014   
3. 林采成  『鉄道員と身体』   京都大学学術出版会  2019   
4. モキア  『知識経済の形成』   名古屋大学出版会  2019   
その他(Others)
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
注意事項
Notice
 


PAGE TOP