シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2020 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
BX082/社会経済学2
(Political Economy 2) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
資本主義の基礎理論 
担当者 (Instructor) 佐々木 隆治(SASAKI RYUJI) 
時間割 (Class Schedule) 秋学期 (Fall Semester) 水曜日(Wed) 2時限(Period 2) オンライン
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
ECX2110 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes) 経済学科2~4年次A~G組,P組 経済政策学科2~4年次 
テキスト用コード (Text Code) BX082 



授業の
目標
Course
Objectives
学生が資本主義を分析するための理論的な基礎を学習することで学位授与方針の学修成果に掲げる「経済現象を歴史的・理論的に考察する」能力を身につけることができる。 
Students will learn the theoretical fundamentals for analyzing capitalism to acquire the ability to historically and theoretically examine the economic phenomena necessary to achieve the learning required for the degree. 
授業の
内容
Course
Contents
この講義は、資本主義の成り立ちやその構造をわかりやすく説明します。経済学にはいろいろな考え方があります。この講義は、マルクス経済学の立場から資本主義とは何かについて接近します。秋学期では、資本主義を社会全体の視点から分析し、資本の再生産とは何か、利潤率の動向、銀行・信用制度の形成、そして中央銀行の金融政策などより現実に近い資本主義の仕組みや再生産と信用制度との関係を講義します。資本主義は巨大な生産力の発展をもたらしましたが、他方では周期的に恐慌をひきおこしてきました。こうした資本主義の様相を現代の経済問題と絡めながら考察していきます。現実は複雑です。その現実を分析する道具(理論)を身につけ、その道具を使って現実を考えることが重要なのです。この講義はそのための考える手立てを与えます。 
This lecture explains in an easy-to-understand manner the origins of capitalism and its structure. There are various concepts regarding economics. In this lecture students consider what capitalism is from the perspective of Marxian economics. During the fall semester, in this lecture capitalism is analyzed from an overall social perspective so that the subject of what is capitalistic reproduction, the profit rate trends, formation of the banking and credit system, and the central bank financial policies, etc., can be discussed looking at the relationships among a near realistic capitalism framework, reproduction, and the credit system. Capitalism has brought the development of a huge production capacity, but it has also caused periodic economic panics. These aspects of capitalism are considered in conjunction with modern economic problems. Reality is complex. It is important to acquire the tools (theory) to analyze that reality and then use those tools to consider the reality. This lecture gives students a way to do that. 
授業計画
Course
Schedule
1. ガイダンス 
2. 資本循環論 
3. 資本回転論 
4. 再生産論1 
5. 再生産論2 
6. 再生産論3 
7. 利潤論1 
8. 利潤論2 
9. 利潤論3 
10. 信用論1 
11. 信用論2 
12. 信用論3 
13. 信用論4 
14. まとめ 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
授業中に指示される参考書等で不明の用語を調べ確認してください。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
小テストやレポート(80%) 、リアクションペーパー(20%)
備考(Notes)
【変更前】筆記試験(Written Exam)80%, 平常点(In-class Points)20% (リアクションペーパー20%)
テキスト
Textbooks
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. 佐々木隆治  『カール・マルクス』   ちくま新書  2016年   
その他(Others)
参考文献
Readings
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. 大谷禎之介  『社会経済学』   桜井書店  2001年   
その他(Others)
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
注意事項
Notice
 


PAGE TOP