シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2020 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
BX141/日本経済論1
(Structure of Japanese Economy 1) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
戦後日本経済の展開と現在 
担当者 (Instructor) 林 采成(LIM CHAISUNG) 
時間割 (Class Schedule) 春学期 (Spring Semester) 木曜日(Thu) 1時限(Period 1)  
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
ECX1710 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) BX141 



授業の
目標
Course
Objectives
戦後日本経済の展開プロセスを理解し、長いスパンをもって現在に至る日本経済に対するパースペクティヴを持たせる。その中で成長メカニズムとその限界が、日本経済にとって内外的な非連続性を伴い、新しい対応が求められていることを理解する。 
Understand the post-war Japanese economy development process and have a long-span perspective of the Japanese economy up to the present time. Understand that those growth mechanisms and their limitations come with internal and external discontinuity and require new responses. 
授業の
内容
Course
Contents
戦後日本が敗戦から経済復興のモメンタムを掴み、高度経済成長を成し遂げ、経済大国化を達成したものの、バブル経済とその崩壊によって長期不況が生じるといった日本経済の展開過程を歴史的に認識するとともに、財政問題を抱える日本型福祉の限界、東日本大震災後のエネルギー問題、東アジアの新興工業国の登場に伴う国際分業の再編にも焦点を当てて日本経済に関する構造的把握を試みる。また、13週目には外部からゲスト講師を招き、新しい論点に関する説明をしてもらう予定である。 
Attempt to grasp the structure of the Japanese economy by recognizing the historical development process of the Japanese economy, namely although post-war Japan moved from losing the war to riding the momentum of economic recovery to achieve rapid economic growth and become an economic power, the Bubble Economy and its subsequent collapse initiated a period of long-term recession while also focusing on the limitations of Japanese type welfare, which faces financial problems, the energy problem after the Great East Japan Earthquake, and the reorganization of the international division of labor accompanying the appearance of emerging industrial countries in East Asia. In addition, during the 13th week guest instructors will be invited to explain new issues. 
授業計画
Course
Schedule
1. ガイダンス 
2. 米占領下の戦後経済改革 
3. 戦後経済復興と朝鮮戦争 
4. 高度経済成長の起動・展開 
5. 日本版大衆消費社会の渡来 
6. オイルショックと高度経済成長の終息 
7. 安定経済成長と経済大国化 
8. 日米貿易摩擦と日米構造協議 
9. バブル経済から長期不況へ 
10. 東アジアの中での日本経済 
11. ポスト3・11とエネルギー問題 
12. 日本型福祉とNPOの役割 
13. ゲスト講師による講演 
14. まとめ 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
講義資料・ノートは、事前にアップロードする。また、参考文献も事前に紹介する。予習して講義に参加することを期待する。講義を受講して質問がある場合やより詳しい学習内容が求められる場合はそれに関連する議論や資料紹介の機会を設ける。普段から日本経済に関する疑問や問題意識を持ち、それを理解しようとする姿勢が望まれる。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
授業内の複数回のレポート(100%)
備考(Notes)
【変更前】筆記試験(Written Exam)70%, 平常点(In-class Points)30% (最終レポート(Final Report)20%,ディスカッション技術など10%)
テキスト
Textbooks
なし
講義資料・ノートを配布する。
参考文献
Readings
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. 橋本寿朗  『現代日本経済』   有斐閣  2011  4641124434 
2. 中村隆英  『日本経済』   東大出版会  1993  4130420429 
3. 武田晴人  『高度成長』   岩波書店  2008  4004310490 
4. 石井里枝  『日本経済史』   ミネルヴァ書房  2017  4623079481 
その他(Others)
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
注意事項
Notice
 


PAGE TOP