シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2020 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
自動登録/基礎ゼミナール2
(Pro-Seminar2) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
アカデミックスキルを修得・発展させる 
担当者 (Instructor) 三家本 里実(MIKAMOTO SATOMI) 
時間割 (Class Schedule) 秋学期 (Fall Semester) 木曜日(Thu) 3時限(Period 3) オンライン
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
ECX1020 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes) BX520~543,545~553 
テキスト用コード (Text Code) BX538 



授業の
目標
Course
Objectives
大学生活における基本的なアカデミックスキルを修得・発展させる。 
To acquire and develop the basic academic skills required for university life. 
授業の
内容
Course
Contents
「基礎ゼミナール1」において修得した文献を調べる・読む、レポートを作成する(引用の仕方、注の付け方、参考文献の書き方を含む)、プレゼンテーションを行う、ディスカッション・ディベートを行う、アクティブ・ラーニング型授業に参加する、などの大学生活における基本的なアカデミックスキルを活かしてレポートを完成させるととともに、その能力をさらに発展させる。 
The students will utilize such basic academic skills for university life as searching and reading reference materials, creating reports (including how to reference, how to add footnotes, and how to cite references), giving presentations, discussing and debating, and participating in class using the active learning model that were learned in Pro-Seminar 1 to complete their reports and further develop these abilities. 
授業計画
Course
Schedule
1. レポート第2次草稿報告(1) 
2. レポート第2次草稿報告(2) 
3. レポート第2次草稿報告(3) 
4. レポート第2次草稿報告(4) 
5. "Master of Presentation"を理解してプレゼンの準備を行う 
6. レポート最終版をプレゼンテーション(1) 
7. レポート最終版をプレゼンテーション(2) 
8. レポート最終版をプレゼンテーション(3) 
9. レポート最終版をプレゼンテーション(4) 
10. グループワーク、アクティブラーニングを学ぶ(1) 
11. グループワーク、アクティブラーニングを学ぶ(2) 
12. グループワーク、アクティブラーニングを学ぶ(3) 
13. グループワーク、アクティブラーニングを学ぶ(4) 
14. まとめ 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
レポート作成のための文献調査、グループワークおよびアクティブラーニングのための事前準備を行うこと。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
レポート最終報告(60%) 、レポート以外の課題への取り組み態度とその成果(40%)
テキスト
Textbooks
教員より指示する
参考文献
Readings
立教大学大学教育開発・支援センター作成の"Master of Presentation"を使用する。
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
注意事項
Notice
 


PAGE TOP