シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2020 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
その他/Short-term Study Abroad Program in Economics (PHL) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
真の国際人を育成 
担当者 (Instructor) 林 采成(LIM CHAISUNG) 
時間割 (Class Schedule) 秋学期 (Fall Semester) 水曜日(Wed) 2時限(Period 2) 5409(Room)
単位 (Credit) 4単位(4 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
ECX9053 
使用言語
(Language)
その他
(Others) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) BX594 



授業の
目標
Course
Objectives
①学生が国際社会で活躍できるグローバル人材に育つきっかけを作る。②海外での異文化経験を積みたい学生が広くチャレンジできる場を作る。③学生がグローバル社会で必要となる「自ら考え、乗り切る力」を身につける。  
① For students to develop into global human resources that can be active in global society. ② To create a place where students that want to accumulate experience with different cultures overseas can do so. ③ For students to acquire the “ability to think and make decisions on their own” that is required in global society.  
授業の
内容
Course
Contents
フィリピン共和国・ターラック市(現フィリピン大統領の出身地)において、英語研修(2週間)を踏まえて、残りの2週間はホームステイ、インターンシップを行い、さらに現地関連機関から与えられる課題について現地調査を踏まえ解決策を見出し、ボランティア活動も行う。  
In Tarlac City, the Republic of the Philippines (the home town of the current Philippines President), students will study English (2 weeks) and spend their remaining two weeks doing home stay and an internship while also conducting local studies of issues provided by Japanese companies, looking for solutions for them, and engaging in volunteer activities.  
授業計画
Course
Schedule
1. オリエンテーション 
2. フィリピンに関する事前学習と渡航準備  
3. フィリピンに関する事前学習と渡航準備  
4. フィリピンに関する事前学習と渡航準備  
5. フィリピンに関する事前学習と渡航準備  
6. フィリピンに関する事前学習と渡航準備  
7. フィリピンに関する事前学習と渡航準備  
8. フィリピンに関する事前学習と渡航準備  
9. フィリピンに関する事前学習と渡航準備  
10. フィリピンに関する事前学習と渡航準備  
11. フィリピンに関する事前学習と渡航準備  
12. フィリピンに関する事前学習と渡航準備  
13. フィリピンに関する事前学習と渡航準備  
14. フィリピンに関する事前学習と渡航準備  
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
帰国後は企業での報告会と学内報告会を行う。  
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
事前学習(40%) 、海外研修(60%)
テキスト
Textbooks
授業時に指示する。
参考文献
Readings
授業時に指示する。
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
参加希望学生は、春学期中に開催する説明会並びに履修ガイダンスに参加すること。  
注意事項
Notice
 


PAGE TOP