シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2020 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
その他/ゼミナール A
(Seminar A) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
財務諸表から企業をみる目を養う。 
担当者 (Instructor) 山田 康裕(YAMADA YASUHIRO) 
時間割 (Class Schedule) 通年 (Full year) 金曜日(Fri) 4時限(Period 4) 7302(Room)
単位 (Credit) 4単位(4 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
ECX2020 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes) 継続履修者は自動登録

対面授業(詳細はhttps://spirit.rikkyo.ac.jp/academic_affairs/common/SitePages/stuinfo21.aspx掲載の対面授業実施科目一覧を確認のこと) 
テキスト用コード (Text Code) BX627 



授業の
目標
Course
Objectives
本演習は,財務諸表分析の様々な手法を学び,その知識を駆使していかに現代の会計問題を議論できるかという技術の習得を目指している。 
The aim of this seminar is to learn the various methods for analyzing financial statements and then to practice them to utilize that knowledge as far as possible to be able to discuss contemporary accounting problems. 
授業の
内容
Course
Contents
2年生および3年生:まず,財務会計の基本的なテキストを学ぶ。伝統的な会計理論(損益会計,資産・負債・資本会計)か新会計基準のいずれか(または両方)を中心に扱うかは参加者と相談のうえ決定する。次に,財務諸表分析の基本的なテキストを学ぶ。収益性,効率性,安全性,成長性などの伝統的な分析手法について学ぶ。
4年生:卒業論文の執筆をおこなう。財務会計の範囲内で,自由にテーマを決定する。最初に論文の書き方や文献検索の仕方を説明する。後は毎回書き進んだ所までを報告してもらい,それに対して教員がコメントし,それに基づき修正していくということを毎週繰り返す。
 2・3年生については,基本的には,テキストの輪読形式でおこない,担当者の報告に対して,皆で疑問点を訊いたり,ディスカッションをおこなったりする。
 4年生については,各自でテーマを設定し,論文の執筆を進める。 
2nd and 3rd year students: First a basic textbook on financial accounting will be studied. The lecturer will decide whether to cover traditional accounting theory (profit and loss accounting; assets, liabilities, capital accounting) or the new accounting standards (or both) in consultation with participating students. Next, students will study a basic textbook on analyzing financial statements. Students will learn traditional analytical methods, such as profitability, efficiency, safeness, and growth potential.
4th year students: Students will write their graduation thesis. Students can freely set their theme within the scope of financial accounting. At first the way to write a thesis and how to search the literature will be explained. After that, during each class students will report on the progress they have made to date, the lecturer will comment on that, and then based on those comments the students will revise their work, and this process will be repeated each week.
 2nd and 3rd year students will basically read their textbook and everyone will ask questions about and discuss the reports that are given.
 4th year students will each set their own theme and write their papers. 
授業計画
Course
Schedule
1. オリエンテーション
財務諸表の見方(財務諸表の役割と仕組み) 
2. 財務諸表の入手方法 
3. 貸借対照表の見方 
4. 損益計算書の見方 
5. キャッシュ・フロー計算書の見方 
6. 会計方針の注記 
7. 財務諸表分析の基礎(分析の視点と方法) 
8. 収益性の分析 
9. 生産性の分析 
10. 安全性の分析 
11. 不確実性によるリスクの分析 
12. 成長性の分析 
13. 証券投資への応用(投資意思決定有用性 
14. 株式価値評価モデル 
15. 債券の格付けと倒産予測への利用 
16. インゼミに向けた準備 
17. インゼミに向けた準備 
18. インゼミに向けた準備 
19. インゼミに向けた準備 
20. インゼミに向けた準備 
21. インゼミに向けた準備 
22. インゼミに向けた準備 
23. インゼミに向けた準備 
24. インゼミに向けた準備 
25. インゼミに向けた準備 
26. インゼミに向けた準備 
27. インゼミに向けた準備 
28. インゼミに向けた準備 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
毎回,テキストの該当箇所を読んでおく。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
授業参加度(50%) 、プレゼンテーション(10%) 、討論(40%)
備考(Notes)
課外授業(合宿など)への参加も必須である。また日商簿記検定3級の取得を単位認定の前提とする。
テキスト
Textbooks
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. 桜井久勝  財務諸表分析 第7版   中央経済社  2017  9784502223518 
その他(Others)
参考文献
Readings
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. 斎藤静樹  企業会計入門 増補版   有斐閣  2016  9784641164772 
その他(Others)
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
登録はそれぞれの学年のコマで行ってもらうが,受講はA,B連続で行うことを前提とする。  
注意事項
Notice
企業見学等を実施する場合、先方からの求めによって氏名などの個人情報を提供することがあります。 


PAGE TOP