シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2020 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
その他/ゼミナール A
(Seminar A) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
日本経済分析-国際分業との関連 
担当者 (Instructor) 林 采成(LIM CHAISUNG) 
時間割 (Class Schedule) 通年 (Full year) 木曜日(Thu) 4時限(Period 4) 9205(Room)
単位 (Credit) 4単位(4 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
ECX2020 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes) 継続履修者は自動登録

対面授業(詳細はhttps://spirit.rikkyo.ac.jp/academic_affairs/common/SitePages/stuinfo21.aspx掲載の対面授業実施科目一覧を確認のこと) 
テキスト用コード (Text Code) BX664 



授業の
目標
Course
Objectives
日本経済の現状と史的展開を理解し、実態としての経済作動についてのパースペクティヴを持たせる。 
To understand the current state of the Japanese economy and its historical development and have a perspective of how the economy actually operates. 
授業の
内容
Course
Contents
戦時経済から戦後再編、高成長期を経て低成長の現在に至るまでの日本経済の発展経路について理解する。とはいえ日本だけに限定せず、日本と東アジアとの相互交流をも視野に入れて、個別産業の発展、インフラの形成、企業投資、経済政策の推進などといった多様な部門に関して遠慮なく議論してもらう。それを通じて学生諸君が実態としての経済作動が我々に及ぼす影響をより大きな視野から認識することを期待する。
このゼミでは以上の問題意識に基づいて日本経済に関する多様なテキストを読み、担当者の報告の上、参加者同士で討論を行う。 
Students will gain an understanding of the development path taken by the Japanese economy from the wartime economy through the postwar reconstruction, period of high growth, and up to today’s low growth period. Having said that, the coverage will not be limited to Japan but will also include the mutual exchange between Japan and East Asia as well as diverse areas such as the development of individual industries, infrastructure formation, business investment, and the promotion of economic policies. This is expected that as a result of this students will become able to recognize from a broad perspective how economic operations affect us.
Based on the above problem awareness, students will read a variety of texts related to the Japanese economy and discuss among themselves the reports that are given. 
授業計画
Course
Schedule
1. 春学期イントロダクション 
2. 輪読書報告及び討論1 
3. 輪読書報告及び討論2 
4. 輪読書報告及び討論3 
5. 輪読書報告及び討論4 
6. グループ論文作成作業1 
7. グループ論文作成作業2 
8. グループ論文作成作業3 
9. グループ論文作成作業4 
10. グループ論文中間報告及び討論1 
11. グループ論文中間報告及び討論2 
12. グループ論文中間報告及び討論3 
13. グループ論文最終報告及び討論 
14. 春学期総括 
15. 秋学期イントロダクション 
16. 輪読書報告及び討論5 
17. 輪読書報告及び討論6 
18. 輪読書報告及び討論7 
19. 輪読書報告及び討論8 
20. 個人論文作成作業1 
21. 個人論文作成作業2 
22. 個人論文作成作業3 
23. 個人論文中間報告及び討論1 
24. 個人論文中間報告及び討論2 
25. 個人論文中間報告及び討論3 
26. 個人論文最終報告及び討論1 
27. 個人論文最終報告及び討論2 
28. 年度総括 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
テキストなどは各自、精読して授業に参加すること。
グループ論文のプレゼンテーションは各グループ別に先行研究及び資料調査の上で行い、ディスカッションを通じて指摘・議論される事項ないしコメントを踏まえてグループ論文の改善を図ること。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
最終レポート(Final Report)(40%) 、授業参加度(30%) 、討論(30%)
テキスト
Textbooks
授業時に提示する。
参考文献
Readings
授業時に提示する。
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
注意事項
Notice
企業見学等を実施する場合、先方からの求めによって氏名などの個人情報を提供することがあります。 


PAGE TOP