シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2020 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
その他/ゼミナール A
(Seminar A) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
社会経済学からみる現代の社会問題 
担当者 (Instructor) 佐々木 隆治(SASAKI RYUJI) 
時間割 (Class Schedule) 通年 (Full year) 木曜日(Thu) 4時限(Period 4) 9204(Room)
単位 (Credit) 4単位(4 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
ECX2020 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes) 継続履修者は自動登録

対面授業(詳細はhttps://spirit.rikkyo.ac.jp/academic_affairs/common/SitePages/stuinfo21.aspx掲載の対面授業実施科目一覧を確認のこと) 
テキスト用コード (Text Code) BX711 



授業の
目標
Course
Objectives
 社会経済学の理論的基礎を身につけ,現代の社会問題について批判的に思考する力を養う。 
The objective of this seminar is for students to acquire a theoretical foundation of political economy and to foster the ability to think critically about contemporary social problems. 
授業の
内容
Course
Contents
 ゼミの柱は,社会経済学の理論的著作の輪読と,社会経済学の理論的基礎をふまえたうえでの現代の社会問題の検討になります。
 社会経済学(political economy)とは,エコノミクス(いわゆる「近代経済学」)とは方法論を異にし,経済システムを歴史的かつ総体的に把握することを特徴とする経済学の潮流のことです。代表的なのは,カール・マルクスの『資本論』であり,それを継承して形成されたマルクス経済学です。
 ゼミのもう一つの柱である現代の社会問題の検討の方は,格差・貧困問題,労働問題,環境問題などの具体的な社会問題,あるいは新自由主義論などの社会問題の理論的分析について扱います。 
The pillar of the seminar is reading theoretical works of political economy to gain a theoretical foundation of political economics and then to use this to consider contemporary social problems.
Political economy is different from the methodology of economics (so-called “modern economics”) and is a current of economics with the feature of looking historically and holistically at economic systems. Representative of this is Karl Marx’s “Das Kapital,” and the Marxist economics that formed from this thought.
Another pillar of the seminar is thinking about contemporary social problems and conducting theoretical analysis of specific social problems, such as the income gap, poverty, labor problems, and environmental problems, or social problems like neoliberalism. 
授業計画
Course
Schedule
1. イントロダクション 
2. 社会問題についての輪読 
3. 社会問題についての輪読 
4. 社会問題についての輪読 
5. 社会問題についての輪読 
6. まとめ 
7. 社会経済学の基礎文献の輪読 
8. 社会経済学の基礎文献の輪読 
9. 社会経済学の基礎文献の輪読 
10. まとめ 
11. 輪読と報告 
12. 輪読と報告 
13. 輪読と報告 
14. まとめ 
15. 輪読と報告 
16. 輪読と報告 
17. 輪読と報告 
18. 輪読と報告 
19. 輪読と報告 
20. 輪読と報告 
21. 輪読と報告 
22. 輪読と報告 
23. 輪読と報告 
24. 輪読と報告 
25. 輪読と報告 
26. 輪読と報告 
27. 輪読と報告 
28. まとめ 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
輪読テキストの予習。発表の準備。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
授業参加度(40%) 、報告(30%) 、発言(30%)
テキスト
Textbooks
なし
参考文献
Readings
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. 佐々木隆治  『カール・マルクス』   ちくま新書     
その他(Others)
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
注意事項
Notice
企業見学等を実施する場合、先方からの求めによって氏名などの個人情報を提供することがあります。 


PAGE TOP