シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2020 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
その他/卒業論文演習2
(Thesis Writing Seminar 2) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
グローバル化と多文化共生 
担当者 (Instructor) 石井 香世子(ISHII KAYOKO) 
時間割 (Class Schedule) 秋学期 (Fall Semester) 月曜日(Mon) 2時限(Period 2) 1104(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
CCS4820 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes) 対面授業(詳細はhttps://spirit.rikkyo.ac.jp/academic_affairs/common/SitePages/stuinfo21.aspx掲載の対面授業実施科目一覧を確認のこと) 
テキスト用コード (Text Code) DD584 



授業の
目標
Course
Objectives
 卒業論文を完成させ、自分が大学4年間で何を学んだのかについて、自信を持って語れるようになること。 
 Students will complete their graduation theses and be confident when describing what they have learnt during 4 years of university. 
授業の
内容
Course
Contents
 毎回の授業では、各人が卒業論文の進捗状況を報告し、お互いにコメントや提案をしあい、担当教員からのコメントも交えて卒業論文執筆の最終的な修正をしていきます。 
 During each class, each student will report their graduation thesis progress. Students will provide comments and proposals to each other. Adding in comments from professor, students will make final adjustments to their graduation theses. 
授業計画
Course
Schedule
1. イントロダクション:卒業論文完成へ向けたタイムスケジュールの確認 
2. 卒業論文の進捗状況の報告・調査結果の分析と考察(1) 
3. 卒業論文の進捗状況の報告・調査結果の分析と考察(2) 
4. 卒業論文の進捗状況の報告・調査結果の分析と考察(3) 
5. 卒業論文の進捗状況の報告・調査結果の分析と考察(4) 
6. 卒業論文の進捗状況の報告・調査結果の分析と考察(5) 
7. 卒業論文の進捗状況の報告・調査結果の分析と考察(6) 
8. 卒業論文仮完成版の発表(1) 
9. 卒業論文仮完成版の発表(2) 
10. 卒業論文仮完成版の発表(3) 
11. 卒業論文仮完成版の発表(4) 
12. 3・4年生合同卒業論文発表会(1) 
13. 3・4年生合同卒業論文発表会(2) 
14. 3・4年生合同卒業論文発表会(3) 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
 授業のなかで得たコメントをもとに、授業時間以外の場面で着実に卒業論文の制作を進めてください。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
最終レポート(Final Report)(30%) 、授業態度・授業への貢献度(70%)
テキスト
Textbooks
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. 河野 哲也   レポート・論文の書き方入門 第4版   慶應義塾大学出版会  2018  978-4766425277 
その他(Others)
参考文献
Readings
授業中、適宜それぞれの履修者の卒業論文に適した文献を提示していきます。
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
注意事項
Notice
 


PAGE TOP