シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2020 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
その他/卒業論文演習1
(Thesis Writing Seminar 1) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
担当者 (Instructor) 井手口 彰典(IDEGUCHI AKINORI) 
時間割 (Class Schedule) 春学期 (Spring Semester) 木曜日(Thu) 4時限(Period 4)  
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
CMS4820 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) DE489 



授業の
目標
Course
Objectives
卒業論文執筆の前半段階として、各自が取り組むテーマに沿い調査を進める。また関連文献を収集・精読し、発表を通じて議論の深化を図る。それらの作業を介し、学士に求められる「発見」「分析」「提言」にかかわる全ての能力の向上を図る。 
In the first half of graduation thesis writing, students will work on their surveys based on their chosen subjects. Students will improve their discussions by collecting related literatures, reading, and presenting them. Through these processes, students will improve all skills required of a bachelor degree, i.e. exploring, analyzing, and commenting. 
授業の
内容
Course
Contents
毎回、担当者が自身の論文について発表し、ゼミ全体でのディスカッションを通じて内容を練り上げていく。文章表現や学術文章のスタイルについても実践的に学んでいく。さらに授業後半では、中間発表に向けて効率的なプレゼンテーションの方法についても学ぶ。受講生同士の積極的な切磋琢磨を期待する。 
Each time, selected students will present their theses. All seminar students will participate in discussions and delve deeper in details. Students will also practice and learn essay writing and academic styles. In the second half of this class, students will learn efficient presentation methods to prepare for their interim presentations. Students should help each other to improve. 
授業計画
Course
Schedule
1. オリエンテーション 
2. 「専門演習2」報告書の検討1 
3. 「専門演習2」報告書の検討2 
4. 「専門演習2」報告書の検討3 
5. 「専門演習2」報告書の検討4 
6. 「専門演習2」報告書の検討5 
7. 「専門演習2」報告書の検討6 
8. 「専門演習2」報告書の検討7 
9. 「専門演習2」報告書の検討8 
10. 「専門演習2」報告書の検討9 
11. 「専門演習2」報告書の検討10 
12. プレゼンテーション実習1 
13. プレゼンテーション実習2 
14. 春学期の総括 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
取り組むべきテーマと具体的な調査方法について予め考えておくこと。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
発表、および個別の課題がある場合は、その内容に基づいて評価する。(100%)
テキスト
Textbooks
使用しない。
参考文献
Readings
適宜指示する。
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
演習形式をとり、毎回担当者が発表を行う。
出席は評価の対象ではなく、その前提とする。 
注意事項
Notice
 


PAGE TOP