シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2020 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
自動登録/社会学原論2
(Principles of Sociology 2) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
担当者 (Instructor) 李 美淑(LEE MISOOK)
石井 香世子(ISHII KAYOKO)
菅野 摂子(SUGANO SETSUKO) 
時間割 (Class Schedule) 秋学期 (Fall Semester) 金曜日(Fri) 3時限(Period 3) オンライン
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
SOX1010 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) DK007 



授業の
目標
Course
Objectives
「社会学原論1」を踏まえて,社会学の個別領域の広がりを理解するとともに,主要な領域についての基礎的知識を身につける。 
The purpose of this class is to understand the extent of each field in sociology based on the "Essential Sociology 1" and to acquire basic knowledge of the especially important fields. 
授業の
内容
Course
Contents
社会学はきわめて多様なテーマを問うことができる学問である。現代社会に生起するさまざまな問題を社会学はどのように解明できるのだろうか。この講義では,社会学が研究するいくつかの個別領域について検討し,現代社会に対する社会学的アプローチを身につけていく。
講義は,労働・消費・環境をめぐる第1のパート,家族・ジェンダー・福祉をめぐる第2のパート,都市・エスニシティ・宗教をめぐる第3のパート,マスコミュニケーション・ジャーナリズム・メディアをめぐる第4のパートからなる。各クラスの授業内容は「共通レジュメ」に基づくが,それぞれのクラスで異なる事例の紹介や解説がなされる場合がある。 
Sociology deals with a very broad range of issues. How can sociology solve the various problems that arise in modern society? In this course, major areas studied by sociology and sociological approaches related to them are concretely introduced.
The lecture consists of the first part on labor, consumption and environment, the second part on family, gender and welfare, the third part on city, ethnicity and religion, and the fourth part on mass communication, journalism and media. Though the content of each class is based on "common resume", there are cases in which different examples are introduced and explained in each class. 
授業計画
Course
Schedule
1. イントロダクション 
2. 労働 
3. 消費 
4. 環境 
5. 家族 
6. ジェンダー 
7. 福祉 
8. 都市 
9. エスニシティ 
10. 宗教 
11. マスコミュニケーション 
12. ジャーナリズム 
13. メディア 
14. 総括 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
授業用レジュメを参照し必ず予習・復習をしておくこと。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
授業内テスト(複数回)(100%)
備考(Notes)
【変更前】筆記試験(Written Exam)80%, 平常点(In-class Points)20% (リアクションペーパー,出席,小レポート,授業への貢献度など20%)
テキスト
Textbooks
なし
参考文献
Readings
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. 長谷川公一, 浜日出夫, 藤村正之, 町村敬志  『社会学』   有斐閣  2007  4641053707 
2. Anthony Giddens  『社会学(第5版)』   而立書房  2009  4880593508 
3. 松田健  『テキスト現代社会学』   ミネルヴァ書房  2008  4623049760 
その他(Others)
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
レジュメの配布等にBlackboardを用いるので,使えるようにしておくこと。 
注意事項
Notice
 


PAGE TOP