シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2020 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
抽選登録/間文化研究B
(Intercultural Studies B) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
担当者 (Instructor) 小倉 和子(OGURA KAZUKO) 
時間割 (Class Schedule) 秋学期 (Fall Semester) 金曜日(Fri) 2時限(Period 2) オンライン
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
ICC3440 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes) 定員:30名 
テキスト用コード (Text Code) DM661 



授業の
目標
Course
Objectives
さまざまな文化の交流や衝突,あるいは融合といった現象を具体例 に則して学び,説明することができる。文化の変容のあり方を多角的に理解し,自ら意見を述べることができる。 
This course takes up relevant examples to grant students the opportunity to inculcate an in-depth understanding of the interchange and clash of different cultures and to appreciate the phenomenon of cultural fusion. Additionally, students will learn the various conceptual aspects of cultural transformation and will be encouraged to formulate their own ideas on the subject. 
授業の
内容
Course
Contents
古今東西,移民,亡命者,旅行者など,複数の言語・文化を横断する書き手は少なくないし,今後もますます増えるだろう。この授業では主としてフランス語圏に関わりのある作家が残したテクストを取り上げ,彼らがどのように異文化に接し,その中で自己と他者を見つめ,作品を生み出してきたかを探る。クローデルは外交官として世界各地を移動しつづけ,1920年代には駐日フランス大使も務めた人。永井荷風は1900年代に銀行員としてリヨンに滞在している。異国に滞在するという経験が現在とはまったくちがった意味合いをもっていた約1世紀前のフランス人と日本人が互いの国で見たものや感じたことをつづったテクストの読解を通して,異文化交流の原点に立ち戻る。
授業では可能な限りディスカッションを取り入れ,テクストの背景となる社会や歴史についての知識も共有しながら丁寧に講読していく。 フランス語の知識はとくに必要としない。 
In all ages and countries there have been numerous writers who are immigrants, refugees, or travelers who have traversed multiple languages and cultures. The numbers of writers such authors will continue to increase in the future. This course will encompass texts by authors connected to the French-speaking world. It will examine their interactions with diverse cultures, their perspectives of themselves and others, and the words they created. Claudel continually moved all over the world as a diplomat and in the twenties, he even worked as the French Ambassador to Japan. In the 1900s Kafū Nagai lived in Lyon as a bank clerk. Around a century ago, staying in another country had a completely different meaning than today. Through the reading of the texts in which a French and a Japanese have described the things they saw and how they felt in the reciprocal country, this course will look back to the origin of cross-cultural exchange.
While the course will primarily focus on the texts and their societal and historical contexts, classroom discussions will be initiated whenever possible. Students need not know French to attend the course. 
授業計画
Course
Schedule
1. イントロダクション 
2. ポール・クローデル『朝日の中の黒い鳥』(1) 
3. ポール・クローデル『朝日の中の黒い鳥』(2) 
4. ポール・クローデル『朝日の中の黒い鳥』(3) 
5. ポール・クローデル『朝日の中の黒い鳥』(4) 
6. ポール・クローデル『朝日の中の黒い鳥』(5) 
7. ポール・クローデル『朝日の中の黒い鳥』(6) 
8. 永井荷風『ふらんす物語』(1) 
9. 永井荷風『ふらんす物語』(2) 
10. 永井荷風『ふらんす物語』(3) 
11. 永井荷風『ふらんす物語』(4) 
12. 永井荷風『ふらんす物語』(5) 
13. 永井荷風『ふらんす物語』(6) 
14. 最終テスト 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
授業時間外の学習に関する指示は,毎回の授業で行う。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
最終テスト(Final Test)(40%) 、授業への参加度(リアクションペーパーおよび発言)(60%)
テキスト
Textbooks
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. 永井荷風  『ふらんす物語』   新潮社  2009  978-4-10-106901-2 
その他(Others)
クローデルについてはプリントを配布する。
永井荷風については、新潮社版を各自入手すること。
参考文献
Readings
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. ポール・クローデル  『朝日の中の黒い鳥』   講談社  2016  4-06-158850-8 
その他(Others)
その他,授業時に指示するもの。
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
リアクションペーパーについては,次回授業開始時にフィードバックを行う。 
注意事項
Notice
 


PAGE TOP