シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2020 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
抽選登録/多文化共生特論
(Topics in Multi/intercultural Issues) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
担当者 (Instructor) 小倉 和子(OGURA KAZUKO) 
時間割 (Class Schedule) 春学期 (Spring Semester) 金曜日(Fri) 2時限(Period 2)  
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
ICC3440 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes) 定員:30名 
テキスト用コード (Text Code) DM664 



授業の
目標
Course
Objectives
さまざまな文化の並立する世界を認識し,文化の差異によってもたらされる現象を具体的に述べることができる。また,多元的で異なる文化が互いに尊重されながら共生するための方策について,客観的に論じることができる。 
This course offers students the opportunity to recognize the world of various cultures and to explain concretely the phenomena caused by cultural differences. Students will also come to objectively discuss measures to coexist with pluralistic and different cultures while respecting each other. 
授業の
内容
Course
Contents
少子高齢化やグローバル化が進む現代社会において,異なる文化を受け入れ,それらと共存していくことは,これまでになく重要な課題となっている。日本も例外ではない。
この授業では主としてカナダのケベック州に焦点を当て,そこで推進されている多元主義のモデルである「間文化主義(インターカルチュラリズム)」の詳細な検討を通して,日本を含む他の社会への応用の可能性を探る。
ケベックは北米の片隅に位置するフランス語圏という特殊な地域である。北米大陸においてもカナダ全体からみてもマイノリティでありながら,ケベック州内では約8割の住民がフランス語を母語とし,独自の文化・社会を築いてきた。しかし,ケベックの持続的発展のためには移民の受け入れが不可欠である。ケベックでは,自分たちの社会の将来をどのように描こうとしているのか,その際必要な取り組みは何なのか,移民たちはそこでどのような役割を担えるのか。20世紀後半以降,さまざまな議論が戦わされてきた。授業では,ケベックの歴史を概観したあと,いくつかのテクストを用いながら,「間文化主義」の諸相を言語政策やライシテ(政教分離),さらには移民によって書かれた文学作品などにも注目しながら考察する。可能な限りディスカッションや質疑応答を取り入れながら授業を進めていく。 フランス語の知識はとくに必要としない。 
In today's society where the birth rate is declining and globalization is advancing, it is more important than ever to accept and coexist with different cultures. Japan is no exception.
This lesson will focus mainly on Quebec, Canada, and through a detailed examination of the model of interculturalism that is promoted there, we explore the possibilities of applying it to other societies, including Japan.
Quebec is a special French-speaking region located in a corner of North America. Although they are a minority on the North American continent and in all of Canada, in Quebec, approximately 80% of the inhabitants are native French speakers and have built their own culture and society. However, embracing immigrants is essential to sustainable development in Quebec. How is Quebec trying to describe the future of its society, what efforts are needed and what role can immigrants play in it? Since the second half of the 20th century, various debates have taken place. In class, after reviewing the history of Quebec, using some texts, we will examine aspects of "interculturalism", focusing on language policy, secularism, and literary works written by immigrants. We will incorporate discussions in the classes wherever possible. Knowledge of French is not particularly necessary.
 
授業計画
Course
Schedule
1. イントロダクション 
2. 概略カナダの歴史 
3. 概略ケベックの歴史と社会 
4. 間文化主義(1) 
5. 間文化主義(2) 
6. 間文化主義(3) 
7. 間文化主義(4) 
8. 言語政策(1) 
9. 言語政策(2) 
10. ライシテ(1) 
11. ライシテ(2) 
12. 移民文学(1) 
13. 移民文学(2) 
14. 最終テスト 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
授業時間外の学習に関する指示は,毎回の授業で行う。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
最終テスト(Final Test)(40%) 、授業への参加度(リアクションペーパーおよび発言)(60%)
テキスト
Textbooks
プリントを使用する。
参考文献
Readings
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. G・ブシャール/C・テイラー編  『多文化社会ケベックの挑戦』   明石書店  2011年  ISBN978-4-7503-3448-6 
2. G・ブシャール  『間文化主義:多文化共生の新しい可能性』   彩流社  2017年  ISBN978-4-7791-2431-0 
3. キム・チュイ  『小川』   彩流社  2012年  ISBN978-4-7791-1822-7 
4. ダニー・ラフェリエール  『甘い漂流』   藤原書店  2014年  ISBN978-4-89434-985-8 
その他(Others)
「フランス語憲章」(1977年)
http://legisquebec.gouv.qc.ca/fr/pdf/cs/C-11.pdf(フランス語版), http://legisquebec.gouv.qc.ca/en/pdf/cs/C-11.pdf(英語版)
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
リアクションペーパーについては,次回授業開始時にフィードバックを行う。 
注意事項
Notice
 


PAGE TOP