シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2020 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
立教ゼミナール2                    新座(Niiza)
(Seminars for Students of Rikkyo University 2) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
ワークショップを通して学ぶ「持続可能な暮らし」と「幸せ」 
担当者 (Instructor) 空閑 厚樹(KUGA ATSUKI) 
時間割 (Class Schedule) 秋学期 (Fall Semester) 水曜日(Wed) 2時限(Period 2) オンライン
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
CMP2240 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes) 2016年度以降1年次入学者対象科目
定員30名 
テキスト用コード (Text Code) FB071 



授業の
目標
Course
Objectives
近い将来「かつて,生活の豊かさは経済成長によってもたらされると考えられていた」といわれる時代がくるかもしれません。現在,私たちは有限な化石資源,悪化する地球環境,グローバル経済の弊害の顕在化等の問題に直面しています。これらはいずれも経済成長が私たちの目指すべき唯一の目標ではないこと,また持続可能でもないことを示しています。しかし、経済成長に替わる指標はまだありません。現在は過渡期にあるといえるでしょう。授業ではワークショップを通して持続可能な暮らしのあり方について学び,議論します。 
In the near future, the idea that high standards of living are brought about by economic growth would likely become outdated. Humanity is currently facing social, political, and economic problems brought about by limited fossil fuel resources, a deteriorating global environment, and the negative effects of the global economy. All these indicate that economic growth is unsustainable and should not just be our only goal. However, economic growth  such as Gross Domestic Product (GDP) is still the dominant indicator. It can be said that the world is in a transition period now from unsustainability to sustainability. In this course, students are expected to learn and discuss sustainable lifestyles through workshops. 
授業の
内容
Course
Contents
5~6人程度の小グループに分け,毎回,発表者がテキストの担当部分を整理して内容を紹介します。コメンテーターがそれを受けて自分なりの意見を述べます。そして司会者(ファシリテーター)はそのグループの参加者が創造的な意見が出せるような司会を目指します。また持続可能な暮らしの実践についての資料検討、映像を視聴することにより、現状把握と未来へのビジョンをふまえ持続可能な暮らしの具体的プランを作成します。 
Students are divided into smaller groups of five to six and assigned a part of the textbook that they will be in charge of presenting in class. Each team shall summarize their assigned textbook chapters, and their chosen presenter shall deliver the summary orally in class. Designated commentators from the other teams shall express feedback. Afterwards, the facilitator will encourage more discussion on the topic so that the class could come up with creative ideas on the topic. In addition, the class shall examine documents and watch videos on the practice of sustainable lifestyles. For the final project, students are expected to make specific plans for sustainable living on the basis of understanding present conditions and visions for the future. 
授業計画
Course
Schedule
1. 導入 
2. 創造的な場作り(1) 
3. 創造的な場作り(2) 
4. 創造的な場作り(3) 
5. 現状の検討(1) 
6. 現状の検討(2) 
7. 持続可能な暮らしの取り組み(1) 
8. 持続可能な暮らしの取り組み(2) 
9. 持続可能な暮らしの取り組み(3) 
10. 持続可能な暮らしの取り組み(4) 
11. 具体的プランの作成(1) 
12. 具体的プランの作成(2) 
13. 報告会(1) 
14. 報告会(2) 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
「持続可能な暮らし」もしくは「持続可能な社会」をキーワードとして含む新聞記事を3つ以上調べて初回授業に持参すること。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
最終レポート(Final Report)(40%) 、出席および授業参加度(40%) 、相互評価への貢献度(20%)
テキスト
Textbooks
なし
参考文献
Readings
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
注意事項
Notice
 


PAGE TOP