シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2020 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
グローバル社会における法と政治
(Law and Politics in Global Society) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
グローバリゼーション時代の国際政治 
担当者 (Instructor) 竹中 千春(TAKENAKA CHIHARU) 
時間割 (Class Schedule) 春学期 (Spring Semester) 火曜日(Tue) 2時限(Period 2)  
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
CMP2200 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) FB112 



授業の
目標
Course
Objectives
グローバリゼーション時代の国際政治を分析し、持続可能な発展や平和を共同で実現していくために、政府や市民社会はどのように積極的な役割を果たせるのかを、ご一緒に考えましょう。 
We will analyze international politics in the age of globalization and consider together how the government and civil society can play an active role in jointly realizing sustainable development and peace. 
授業の
内容
Course
Contents
30年戦争後の平和を樹立したヨーロッパのウェストファリア条約が、国際政治の出発点だと言われます。その後、民主主義、国民国家、工業化、核兵器など新しい現象が登場するたびに、国家や国際政治のしくみも変化してきました。それでは21世紀の今、どんな変化が起こっているか。「国家は平和を守るか」「国家は豊かさを守るか」「暴力の連鎖をもたらすのは誰か」「暴力の連鎖を解くのは誰か」という4つの問いを立て、映像資料を使いながら考察します。 
The Westphalia Treaty of Europe, which established peace after the Thirty Years' War, is said to be the starting point of international politics. Since then, whenever new phenomena such as democracy, nation-states, industrialization, and nuclear weapons have appeared, the mechanisms of the state and international politics have also changed. So what change is happening now in the 21st century? We will consider four questions: "Does the state protect peace?" "Does the state protect prosperity?" "Who causes the chain of violence?" and "Who breaks the chain of violence?" using video materials. 
授業計画
Course
Schedule
1. 今、何が起こっているか?グローバリゼーション時代の国際政治 
2. 国家は平和を守るか① 
3. 国家は平和を守るか② 
4. 映像資料『こうしてベルリンの壁は崩壊した』(NHK、1993) 
5. 国家は豊かさを守るか 
6. 映像資料『インサイド・ジョブ』(USA、2011年) 
7. 暴力の連鎖をもたらすのは誰か① 
8. 暴力の連鎖をもたらすのは誰か② 
9. 映像資料『沈黙の叫び(Silent Scream)』(BBC、2002年) 
10. 映像資料『マララさん国連総会スピーチ』(UN、2013年) 
11. 暴力の連鎖を解くのは誰か 
12. 平和の作り方:ガンディーに学ぶ① 
13. 平和の作り方:ガンディーに学ぶ② 
14. グローバル市民の役割とは何か、排外主義者にならないために 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
①教科書・参考書などを読み、国際政治学の概念を理解し、自分の見解をまとめる力をつけること。
②新聞・テレビ・インターネットで日々のニュースを追いかけ、世界の人々とともに経験や意見を共有する力をつけること。
③外国への旅行・短期留学をめざしたり、キャンパス内外で留学生や外国籍の方々との交流を行なう努力をして、グローバルなコミュニケーションの力を磨くこと。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
コメントシート12回(100%)
備考(Notes)
【変更前】筆記試験(Written Exam)100%
テキスト
Textbooks
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. 竹中千春  世界はなぜ仲良くできないの?暴力の連鎖を解くために   CCCメディアハウス  2004  ASIN: B00OQ4QKA0 
2. 竹中千春  ガンディー 平和を紡ぐ人   岩波書店  2018  ISBN-13: 978-4004316992 
3. 藤原帰一・大芝亮・山田哲也編  平和構築・入門   有斐閣  2011  ISBN-13: 978-4-641-04994-9 
その他(Others)
参考文献
Readings
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. 長有紀枝  入門 人間の安全保障   中央公論新社  2012  ISBN-13: 978-4-12-102195-3 
2. 藤原帰一  戦争の条件   集英社  2013  ISBN-13: 978-4087206869 
3. 藤原帰一  国際政治   放送大学教育振興会  2007  ISBN-13: 978-4-595-13504-0 
4. 藤原帰一・大芝亮・山田哲也編  平和政策   有斐閣  2006  ISBN 4-641-18343-0 
5. 明石康  国際連合 軌跡と展望   岩波書店  2006  ISBN-13: 978-4004310525 
6. イマヌエル・カント  永遠平和のために/啓蒙とは何か   光文社  2006  ISBN-13: 978-4334751081 
その他(Others)
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
http://univdb.rikkyo.ac.jp/view?l=ja&u=1210&sm=affiliation&sl=en&sp=52  
注意事項
Notice
 


PAGE TOP