シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2020 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
翻訳・通訳と現代社会
(Translation and Interpreting in the World Today) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
 
担当者 (Instructor) 武田 珂代子(TAKEDA KAYOKO) 
時間割 (Class Schedule) 秋学期 (Fall Semester) 木曜日(Thu) 5時限(Period 5) 7101(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
CMP2210 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes) 2016年度以降1年次入学者対象科目 
テキスト用コード (Text Code) FB183 



授業の
目標
Course
Objectives
外交,紛争、司法、福祉,医療,文学,映画,ビジネス,テクノロジーなど現代社会の諸相における翻訳・通訳事象の考察を通して,グローバル化や多文化多言語共生社会におけるコミュニケーションの意味について理解を深める。 
Through examination of the practice of translation and interpreting in various aspects of contemporary society such as diplomacy, conflict, justice, welfare, healthcare, literature, film, business, and technology, students will deepen their understanding of communication across languages and cultures in a globalized world. 
授業の
内容
Course
Contents
現代社会の諸相で翻訳・通訳行為に関わるゲストスピーカーによる講義および教員・学生を交えたディスカッションを通して,グローバル化や多文化多言語共生社会におけるコミュニケーションの意味や異文化・異言語間コミュニケーションの仲介役としての翻訳・通訳者の役割について考察する。可視性が高いと思われる文学・映画分野における翻訳行為に加え、司法・福祉・医療における通訳の実践者・教育者の視点、機械翻訳その他の翻訳ツール,グローバル企業の翻訳・通訳戦略などに焦点を当てる。また、翻訳通訳サービスの効果的なユーザーになるための議論も行う。 
We will examine various aspects of communication across languages and cultures in a globalized world, and the role of translators and interpreters as mediators of such communication through lectures by guest speakers and in-class discussions. In addition to relatively visible forms of translation in the field of literature and film, we will focus on a range of topics, including court interpreting, healthcare interpreting, sign language interpreting, and machine translation. We will also discuss how to become effective users of translation and interpreting services and technologies. 
授業計画
Course
Schedule
1. オリエンテーション 
2. ビジネス通訳 
3. 司法通訳 
4. 医療通訳 
5. 手話通訳 
6. スポーツ通訳 
7. 視聴覚翻訳 
8. 字幕翻訳 
9. 翻訳書の出版 
10. 文芸翻訳 
11. 産業翻訳 
12. 機械翻訳と翻訳ツール 
13. まとめ 
14. 総括と最終テスト
(内容と順番に変更が生じる可能性あり。) 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
ゲストスピーカーの仕事について事前に調べ、課題を提出して、授業に臨むこと。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
最終テスト(Final Test)(40%) 、コメントカード(40%) 、課題(20%)
テキスト
Textbooks
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. 武田珂代子編著  『翻訳通訳研究の新地平』   晃洋書房  2017  9784771028135 
その他(Others)
参考文献
Readings
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. 鳥飼玖美子編著  『よくわかる翻訳通訳学』   ミネルヴァ書房  2013  4623067270 
その他(Others)
授業中に適宜紹介する。
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
TI@Rikkyo http://www2.rikkyo.ac.jp/web/ti-rikkyo/
Kayoko Takeda's publications https://works.bepress.com/kayoko_takeda/ 
注意事項
Notice
本科目は、担当教員の実務経験、または実務に従事するゲスト・スピーカーの招聘講義等を活かした授業である。 


PAGE TOP