シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2020 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
より良き隣人へ:日本植民地研究の最前線
(To be a Better Neighbor:The Forefront of Japanese Colonial Study) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
 
担当者 (Instructor) 湊 照宏(MINATO TERUHIRO) 
時間割 (Class Schedule) 春学期 (Spring Semester) 月曜日(Mon) 4時限(Period 4)  
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
CMP2210 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes) 2016年度以降1年次入学者対象科目 
テキスト用コード (Text Code) FB191 



授業の
目標
Course
Objectives
日本植民地研究に関する、日本での通説および最新の論点のみでなく、アジア現地での通説および最新の論点について学ぶ。学習を通じて、アジア近隣諸国・地域と日本との関係をさまざまな領域において歴史的に理解することを目標とする。 
Students will learn not only the prevailing theories and latest issues in Japan regarding Japanese colonial studies, but also the commonly accepted theories and latest arguments in Asia. The aim is for students to understand the relationships between Japan and its neighboring countries and regions in various fields through learning from a historical perspective. 
授業の
内容
Course
Contents
本授業では、最前線で活躍する日本植民地研究者を兼任講師・ゲストスピーカーに招き、戦前日本の対アジア関係に関する授業を展開する。日本植民地研究の到達点と今後の展望を示したうえで、戦前の東アジアに出現した植民地帝国日本の構造や支配の在り方を、経済・政治・社会・文化の面から再考する。 
In this course, we will invite Japanese colonial researchers who are active at the forefront as part-time lecturers and guest speakers, and offer classes on pre-war Japan-Asia relations. After presenting the achievements and prospects of Japanese colonial studies, we will reconsider the structure and control of colonial Japan that appeared in East Asia before the war from economic, political, social, and cultural aspects. 
授業計画
Course
Schedule
1. ガイダンス 
2. 植民地近代論 
3. 被支配者の主体性 
4. 戦後東アジア経済 
5. 技術移転  
6. 大東亜共栄圏  
7. ジェンダー・セクシュアリティ  
8. アジア経済史と植民地経済史 
9. 教育の制度と構造 
10. 医療・公衆衛生 
11. 日本在留朝鮮・台湾出身者 
12. 帝国主義研究の現在的意義 
13. 植民地の鉄道 
14. 記憶 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
授業内容はテキスト内容に依拠します。毎回該当する章を読んでから授業に参加してください。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
授業内レポート(100%)
備考(Notes)
毎回の授業でレポートを課し、授業中に回収します。
テキスト
Textbooks
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. 日本植民地研究会  日本植民地研究の論点   岩波書店  2018   
その他(Others)
授業内容はテキスト内容に依拠します。
参考文献
Readings
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
授業計画に変更があれば、授業中にお知らせします。
聴講中の態度が悪い学生は退室させます。 
注意事項
Notice
 


PAGE TOP