シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2020 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
現代心理学からの学び                  新座(Niiza)
(Learning from Contemporary Psychology) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
基礎・実験心理学からの学び 
担当者 (Instructor) 日高 聡太(HIDAKA SOUTA) 
時間割 (Class Schedule) 春学期 (Spring Semester) 金曜日(Fri) 1時限(Period 1)  
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
CMP1100 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes) 2016年度以降1年次入学者対象科目
学びの精神科目 
テキスト用コード (Text Code) FH021 



授業の
目標
Course
Objectives
この授業では,心理学の基礎領域である実験心理学に関する様々なトピックを取り上げ,心理学の基本的な考え方・方法論・歴史,さらにヒトがもつ情報処理システムについての理解を深める。 
This course will deepen the understandings of basic aspects of psychology including methodology and history and the manner of human information processing through a variety of academic topics related to fundamental psychology and experimental psychology. 
授業の
内容
Course
Contents
知覚心理学や認知心理学,脳機能計測に至る新旧のトピックを幅広く網羅し,心理学の基礎領域である実験心理学における基本的な考え方や方法論および歴史に関する知識を深める。授業では,錯視等のデモンストレーションを提示し,実際に心理現象を体験してもらう。これらを通じて,ヒトの情報処理システムがもつ柔軟性と生態学的妥当性について解説を行う。 
This course will cover a variety of topics regarding perceptual psychology, cognitive psychology, and brain imaging techniques and deepen the understandings of basic aspects of psychology including methodology and history. The course will provide demonstrations such as perceptual illusions and give a direct experience of psychological phenomena. The flexibility and ecological validity of human information processing will be understood through these activities.  
授業計画
Course
Schedule
1. オリエンテーション:実験心理学とは 
2. 脳内神経機構 
3. 脳機能計測法 
4. 知覚現象とメカニズム 
5. 実験心理学手法 
6. 多感覚情報処理 
7. 物体認知・顔認知 
8. 注意 
9. 記憶 
10. 感情・情動 
11. 感性 
12. 言語 
13. 意識 
14. 総括 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
毎回の授業内容をよく復習するとともに,是非リアクションペーパーで授業の内容について分からない点や疑問に思った点を質問し,また自身でも調べていただきたい(授業時にいただいた質問は,時間が許す限り次の授業回で答える)。この作業を通じて,復習あるいは予習を行うことができる。  
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
レポート試験(Report Exam) 64  %  
平常点(In-class Points) 36  %
リアクションペーパー(36%)
備考(Notes)
【変更前】筆記試験(Written Exam)85%, 平常点(In-class Points)15% (リアクションペーパー(質問ペーパー)11%,授業内課題4%)
テキスト
Textbooks
なし
参考文献
Readings
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
授業内容は現代心理学部心理学科で開講される授業内容(特に心理学概論1や知覚心理学(知覚・認知心理学))と重複するため,現代心理学部心理学科の学生の履修は勧めない。 
注意事項
Notice
 


PAGE TOP