シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2020 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
スポーツスタディe
(Sports Study e) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
 
担当者 (Instructor) 大石 和男  (OISHI KAZUO) 
時間割 (Class Schedule)  
単位 (Credit) 2単位(2 credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
CMP1220 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes) 定員30名 
テキスト用コード (Text Code) FI780 



授業の
目標
Course
Objectives
体調管理や健康の維持・増進を基本に,シェイプアップやパフォーマンスの向上を目的としたトレーニング方法の習得,そして適切な生活習慣を身につける. 
Students will deepen the understanding of basic concepts in health management to improve physical condition and promote overall well-being. This course will focus on training methods for the improvement of performance and general body conditioning with the aim of acquiring a healthy lifestyle. 
授業の
内容
Course
Contents
講義においては,トレーニング理論や方法,生活習慣の必要性,身体の仕組みやスポーツ文化などを解説する.実技においては,ヨガやボディコンディショニング,様々なスポーツ種目で行われているトレーニングを視聴し,実際に実践し,体調管理や健康の維持・増進のためにはどのような取り組みが必要なのかを学習する.授業の流れは最初に講義または実技映像を視聴し,その後各自課題および実技を行う.年齢や性別,体力,運動技術にあまり関係なく,自宅で楽しむことを重視したトレーニングを実際に体験し,自分とスポーツ,健康との関係や将来の自身の健康とスポーツのあり方を考究する. 
Through theory and practice, this course tries to examine basic concepts of health management, maintenance of physical condition and promotion of health as well as the cultural significance and meaning of physical exercise and sport as a lifelong activity. Lectures will offer an introduction to training theory and methods, the necessity of a proper lifestyle, the mechanism of the human body and sport culture. Using short videos, students will actually experience various forms of exercise, work-outs, training or sports that can be easily done at home. In overall, this course is designed to offer students an opportunity to reflect on their own health and the relation to exercise and sports in order to achieve well-being and a healthy lifestyle in the future. 
授業計画
Course
Schedule
1. 講義1:新型コロナウィルス(加藤),スポーツの必要性(運動処方)・睡眠(石渡) 
2. 講義2:ウエルネス論(大石(和)),栄養と食生活(杉浦),身体動作の仕組み(石井) 
3. 講義3:スポーツ文化論(松尾),スポーツジェンダー論(佐野),海外のスポーツ文化(ライトナー) 
4. 講義4:運動前の準備(安松),ウォーキング・ランニング(沼澤) ,ネイチャーキャンプへの招待(濁川) 
5. 実技1:ヨガ・ピラティス(大石(友),杉本) 
6. 実技2:筋力・体幹トレーニングトレーニング(岡田,マックグラス,高橋,堀江) 
7. 実技3:ボディコンディショニング(吉田,伊藤(詩),アーント三浦) 
8. 実技4:東洋フィットネス(劉,新井) 
9. 実技5:投げる種目のトレーニング(村本,北村,中村,柳田) 
10. 実技6:蹴る種目のトレーニング(笛木,檜山,川本) 
11. 実技7:打つ種目のトレーニング(田中,後藤,西島,江原) 
12. 実技8:全身運動系のトレーニング(小谷,足立,西谷,富澤) 
13. 講義と実技の振り返り 
14. まとめ 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
授業内で指示する。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
レポート試験(Report Exam) 50  %  
平常点(In-class Points) 50  %
毎週提出する課題(50%)
備考(Notes)
単位の取得には2/3 以上の課題提出が必要となる。
テキスト
Textbooks
なし
参考文献
Readings
必要に応じて授業中に紹介する.
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
注意事項
Notice
オンデマンド授業.
課題の提出期限:授業の最後に出される課題は次の授業が配信されるまでに提出すること.それ以降になると,過去の授業閲覧はできるが,課題の提出は不可となる.
準備学習の指示は,履修登録完了後にBlackboard上で履修者に対して行う.具体的な授業の受講方法はBlackboard上で示し、第1回目の授業内で説明するので,各自が必ずその内容を確認すること.
実技の際には、周りの環境と体調管理に留意すること.
 


PAGE TOP