シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2020 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
フランス語基礎2
(Basic French 2) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
 
担当者 (Instructor) 履修登録状況画面で確認すること 
時間割 (Class Schedule) 秋学期 (Fall Semester) 火曜日(Tue) 3時限(Period 3) オンライン
秋学期 (Fall Semester) 金曜日(Fri) 4時限(Period 4) オンライン
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
LNF1010 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes) 文学部文学科フランス文学専修を除く 
テキスト用コード (Text Code) FM291 



授業の
目標
Course
Objectives
「フランス語基礎1」で学習した内容を定着させるとともに,初級文法をさらに詳しく学習し,「聞く・話す・読む・書く」能力をバランスよく身につける。 
In addition to solidifying what they learned in “Basic French 1,” students learn more about basic grammar and learn balanced “listening, speaking, reading and writing” abilities. 
授業の
内容
Course
Contents
週2回一括履修。1~2名の担当教員が同一教科書を使ってリレー式に授業を進める。「基礎1」に引き続き,同様の作業をやや複雑な言い回しに関して行う。同時に,テキストなどを通じて,フランス語圏の歴史や文化についての理解を深める。 
Classes are held twice a week. One to two teachers use the same textbook to conduct the class relay-style. Following “Basic 1,” students do similar work with slightly more complex expressions. At the same time, they deepen their understanding of history and culture in the French-speaking sphere through texts. 
授業計画
Course
Schedule
1. 目的語人称代名詞 
2. 人や物をいいかえる 
3. 直説法複合過去 
4. 出来事を語る 
5. 比較・最上級 
6. 人や物を比較したり,説明したりする 
7. 直説法単純未来 
8. 予定や将来のことを語る 
9. 直説法半過去 
10. 思い出を語る 
11. 条件法現在 
12. 仮定・願望を語る 
13. 接続法 
14. 感情や希望を表現する 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
秋学期は内容がやや複雑になるので,学習したポイントをしっかり復習して授業に臨むこと。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
授業への参加度(50%) 、最終テストを含む各種テストや提出物(50%)
テキスト
Textbooks
同一学部・時間帯ごとに共通テキストを使用する。詳細は担当教員の指示に従うこと。
参考文献
Readings
「基礎1」に同じ。
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
・不合格者は次年度以降の秋学期に1年次クラスで再履修する。
・授業時に前回授業のフィードバックを行う。
・クループワークの有無:適宜グループワークをおこなう。
・授業言語:日本語。 
注意事項
Notice
 


PAGE TOP