シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2020 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
中国語スタンダード3                  新座(Niiza)
(Intermediate Chinese 3 (Weekly)) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
 
担当者 (Instructor) 川 浩二(KAWA KOJI) 
時間割 (Class Schedule) 秋学期 (Fall Semester) 木曜日(Thu) 2時限(Period 2) N345(Room)
単位 (Credit) 1単位(1 Credit) 
科目ナンバリング
(Course Number)
LNC2013 
使用言語
(Language)
その他
(Others) 
備考 (Notes) 抽選登録科目 定員30名
自由科目基礎科目 
テキスト用コード (Text Code) FQ707 



授業の
目標
Course
Objectives
中国語の「聞く・話す・読む・書く」の各能力をバランスよく向上することを目標とする。
既習の単語と表現については漢字を介さず音声によって「聞く」と「話す」をつなげてやり取りできることを目指す。また語彙自体もHSKの基準に寄り添いつつ増やしていく。
じっさいに中国で発信されている文字の情報も取り入れて「読む」力をつける。
HSK3級以上の単語を自分のものにしながら、自分が目にした光景、経験した事実やそれにともなう感情の動きに沿って「書く」力をつける。
またこれからの時代においては欠かせない、PCやスマートフォンを介した中国語理解のための技能も身につける。 
The goal is to improve in a balanced way each of the “listening, speaking, reading, and writing” skills in Chinese.
The aim is to be able to connect the skills of “listening” and “speaking” to having a conversation with the words and expressions already learned without using written Chinese. Increase vocabulary according to HSK’s standards.
Acquire the skill of “reading” using written materials that are available in China.
Acquire the skill of “writing” by making the HSK 3rd Level and higher words your own to describe the sights you see, the things you experience, and the feelings that go along with it.
In addition, acquire skills for understanding the Chinese language through computers and smartphones, which is essential now and in the future. 
授業の
内容
Course
Contents
教科書に沿いつつ会話と文章の形式と表現に慣れ、テーマを決めた作文によって自分でも表現してもらう。
どちらも習った文法と語彙を型通り使うだけではなく、自分の表現したいことにより寄り添うように考えていく。
自分の母語でも中国語でも、話したい、読みたい、知りたい、書きたいというどれか(あるいはすべて)に貪欲さをもって取り組める学生に履修してほしい。
また最新の中国事情について会話や読み物の中で提供していく。 
While following along with the textbook, become familiar with the format and expressions of conversations and sentences, then express oneself by creating a composition based on a theme that has been previously decided upon.
Not only use the established grammar and vocabulary that have been learned, but also think about what you especially want to express.
We want students who, either in their native tongue or in Chinese, are eager and want to either speak, read, learn, or write, or all of the above.
The latest and up to date Chinese situations will be provided in conversation and reading materials. 
授業計画
Course
Schedule
1. 大学生活・履修者のレベル確認 
2. 大学の時間割 
3. 朝食 
4. 喫茶文化 
5. 飲食文化 
6. 生活習慣 
7. 交通 
8. 文化祭 
9. スポーツ 
10. 伝統演劇 
11. 方言 
12. テーブルマナー 
13. 年越し 
14. 期末テスト 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
毎週、インターネットを介した単語帳型の学習支援アプリケーションにより、語彙と短文の暗記を宿題として一定量課す。また、Blackboard上での作文課題にも取り組んでもらう。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
最終テスト(Final Test)(40%) 、授業内の発音・発話(30%) 、課題の達成度(30%)
備考(Notes)
2/3以上の出席をしていない場合は、成績評価の対象としない
テキスト
Textbooks
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. 陳淑梅・陸薇  『ことばと文化一挙両得 中級中国語』   朝日出版社  2017  978-4-255-45289 
その他(Others)
参考文献
Readings
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
授業開始時のレベルはHSK 3級程度とするが、1年間中国語を履修したあと、ブランクがある場合にも履修は可能である。 
注意事項
Notice
 


PAGE TOP