シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2020 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
HA363/観光計画論
(Tourism Area Planning) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
担当者 (Instructor) 羽生 冬佳(HANYU FUYUKA) 
時間割 (Class Schedule) 秋学期 (Fall Semester) 水曜日(Wed) 2時限(Period 2) オンライン
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
TRS2300 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) HA363 



授業の
目標
Course
Objectives
観光を計画するとはどういうことか、またよりよい観光地づくりとは何を目指すことか、といったことについて理解するとともに、計画技法を身につける。 
Students will come to understand what should be the aim of planning for tourism to create better tourist destinations, and will learn planning techniques. 
授業の
内容
Course
Contents
持続可能な観光の実現のために、地域はどのようなコンセプトのもと目標を立て実現に向けた手段を講じていくべきか。また、魅力的な地域づくりのために、どのような項目がその対象となるか。本講義では観光計画の意味・意義について論ずるとともに、計画策定の基礎的な技術について講義を行う。 
In the pursuit of sustainable tourism, what concepts should a community use to create their goals, and what procedures should they implement to achieve them? Furthermore, what areas should be targeted to create an attractive community? In this course, we will cover the meaning and significance of tourism planning, and lectures will go over basic skills for planning strategy. 
授業計画
Course
Schedule
1. 講義計画等の説明 
2. 観光計画の定義付け・意義 
3. 観光計画の基本概念 
4. 観光資源 
5. 観光計画の実例(1) 
6. 観光計画の実例(2) 
7. 観光計画の構成 
8. プランニングの主体とプロセス 
9. 現状の把握・分析 
10. コンセプトづくり・施策の立案 
11. 国の観光政策(1) 
12. 国の観光政策(2) 
13. 地方自治体の観光施策 
14. 最終テスト 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
観光地に訪れる際に、様々な観点から現地の状況を把握し、自分なりの課題の発見に努めること。授業中に触れる内容とその課題とを付き合わせて、解決方法を検討すること。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
適宜授業中に求める提出物(60%) 、最終テスト(Final Test)(40%)
テキスト
Textbooks
適宜資料を配付する。
参考文献
Readings
講義中に適宜紹介する。
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
注意事項
Notice
 


PAGE TOP