シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2020 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
自動登録/演習(2年)B
(Seminar (2nd year)B) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
担当者 (Instructor) 羽生 冬佳(HANYU FUYUKA) 
時間割 (Class Schedule) 秋学期 (Fall Semester) 月曜日(Mon) 4時限(Period 4) N344(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
TRM2003 
使用言語
(Language)
その他
(Others) 
備考 (Notes) 対面授業(詳細はhttps://spirit.rikkyo.ac.jp/academic_affairs/common/SitePages/stuinfo21.aspx掲載の対面授業実施科目一覧を確認のこと) 
テキスト用コード (Text Code) HA614 



授業の
目標
Course
Objectives
観光地や地域の課題発見ならびに解決策の提案のための視点について学ぶとともに,現状の把握ならびに分析の方法を習得する。 
Students will uncover issues in tourist sites and areas, learn perspectives for proposed solutions, and study the current situation and analysis methods. 
授業の
内容
Course
Contents
関連文献や既往研究の講読により基礎的な知識やスキルの習得を行う。また,地域の魅力を発見し,それらを高めるための取り組みについて対象地を訪れて調査を実施するとともに,文献調査と合わせて課題発見のための基礎的な項目の把握や調査方法についての理解を深める。
なお,参加者には主体的に討議に参加することを求める。 
Through readings of related literature and past research, students will gain basic knowledge and skills. In addition, students will discover the appeal of an area, implement field surveys and literature surveys of their target area regarding initiatives to increase that appeal, and deepen their understanding of the basic items for identifying issues and survey methods.
Note that participants will be required to participate subjectively in discussions. 
授業計画
Course
Schedule
1. ガイダンス 
2. 学外演習の振り返り,成果取りまとめ1 
3. 学外演習の振り返り,成果取りまとめ2 
4. 学外演習の振り返り,成果取りまとめ3 
5. 地域調査の方法に関する文献の講読1 
6. 地域調査の方法に関する文献の講読2 
7. 地域調査の方法に関する文献の講読3 
8. 観光地の魅力の発見と成立に関する調査1 
9. 観光地の魅力の発見と成立に関する調査2 
10. 観光地の魅力の発見と成立に関する調査3 
11. 観光地の魅力の発見と成立に関する調査4 
12. 成果取りまとめ,発表1 
13. 成果取りまとめ,発表2 
14. まとめ 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
配付された資料には必ず事前に目を通して授業に臨むこと。また,各自・グループの作業成果を発表する際には,入念な準備を行うこと。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
ゼミ中の発表,討論への参加状況,およびレポートを総合的に評価(100%)
テキスト
Textbooks
なし
参考文献
Readings
演習中に適宜紹介する。
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
注意事項
Notice
 


PAGE TOP