シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2020 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
自動登録/演習(2年)B
(Seminar (2nd year)B) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
担当者 (Instructor) 橋本 俊哉(HASHIMOTO TOSHIYA) 
時間割 (Class Schedule) 秋学期 (Fall Semester) 月曜日(Mon) 4時限(Period 4) N347(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
TRM2003 
使用言語
(Language)
その他
(Others) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) HA624 



授業の
目標
Course
Objectives
 観光者の立場から観光現象を理解することを目的とし、主に観光レクリエーション場面における人間の行動や心理について学習する。また、3年次以降に展開される演習に必要とされる知識および基礎的なスキルを習得する。
 観光学科の教育課程編成方針に掲げる「観光関連分野に関する広範囲で高度な学識を持ち、諸問題の解決を担う総合的な判断力と優れたリーダーシップを備えた有為な人材」になるため、観光レクリエーション場面における基礎的な知識・スキルを身につける。 
 With the goal of understanding tourism phenomena from the tourist’s perspective, we will study human behavior and psychology mainly in tourism and recreational settings. Students will also learn knowledge and basic skills necessary for third year seminars.
 Students will gain basic skills and knowledge of tourism and recreational settings in order to become “Talented personnel with a high level of scholarship in a wide range of tourism-related fields with comprehensive judgment sufficient to solve various problems and provide superior leadership,” as described in the Department of Tourism and Hospitality Management curriculum organization policy. 
授業の
内容
Course
Contents
 観光行動・心理の調査研究に参考となる幅広い領域の文献・資料の講読や,フィールドワークを行う。参加者には毎時間の課題と定期的な発表を義務づけ,討議の時間を設ける。フィールドワークや合宿その他の活動は,原則として担当者による他学年の演習参加者と合同で行う。
 授業内ではテキスト(A)を題材としたスピーチを行うとともに,前半はテキスト(B)を輪読し,後半は夏休みの課題やテキスト(C)によるグループ研究の成果を個別に発表する。 
 We will read a wide range of literature and materials that reference survey research on tourism behavior and psychology, and conduct fieldwork. Along with the topics for each class, students will be assigned regular presentations and time will be given for discussion. Activities such as fieldwork, camp, etc. outside of class, as a rule, will be conducted jointly with participants of the instructor’s seminars in other years.
 In class, speeches will be given on the themes in text (A), text (B) will be read in turns in the first half, and in the latter half, individual presentations will be given on summer break topics and the results of group research based on text (C). 
授業計画
Course
Schedule
1. 夏休みの課題提出,秋学期の発表割当 
2. スピーチ,文献講読 
3. スピーチ,文献講読,グループ研究 
4. スピーチ,文献講読,グループ研究 
5. スピーチ,文献講読,グループ研究 
6. スピーチ,文献講読,グループ研究 
7. スピーチ,文献講読 
8. スピーチ,個人研究発表 
9. スピーチ,個人研究発表 
10. スピーチ,個人研究発表 
11. スピーチ,個人研究発表 
12. スピーチ,グループ研究 
13. スピーチ,グループ研究 
14. 総括 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
授業で扱うテキストを必ず事前に読んで理解し、オリエンテーションにおいて指定された形式に沿って課題を提出すること。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
発表内容・提出物(70%) 、調査等への参加状況(30%)
テキスト
Textbooks
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. (A)前田勇 編著  新現代観光総論(第2版)   学文社  2018   
2. (B)山田剛史・林創  大学生のためのリサーチリテラシー入門   ミネルヴァ書房  2011   
3. (C)小林茂雄・東京都市大学小林研究室  ストリート・ウォッチング   誠信書房  2010   
その他(Others)
参考文献
Readings
必要に応じて適宜紹介する。
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
 積極的・自主的な行動、集団の一員として「規律」を守ることが必須である。その他詳細は講義第1回のオリエンテーション時に説明するので、必ず出席すること。 
注意事項
Notice
 


PAGE TOP