シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2020 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
自動登録/演習(3年)B
(Seminar (3rd year)B) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
担当者 (Instructor) 橋本 俊哉(HASHIMOTO TOSHIYA) 
時間割 (Class Schedule) 秋学期 (Fall Semester) 月曜日(Mon) 5時限(Period 5) N347(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
TRM3003 
使用言語
(Language)
その他
(Others) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) HA654 



授業の
目標
Course
Objectives
 主に観光レクリエーション場面における人間の行動や心理の視点から観光現象を理解し,そうした知見を観光レクリエーション計画やサービス提供場面の対応等に応用するための専門的な知識,観光調査を進めるうえで必要とされる調査技法を習得する。 
 Students will understand the phenomenon of tourism from the perspective of human behavior and psychology mainly in the tourism recreation setting, and will learn specialized knowledge and survey methods that are necessary for tourism research in order to apply that knowledge to tourism recreation planning and service provision settings. 
授業の
内容
Course
Contents
 上記の専門領域の文献・資料の講読ならびにフィールドワークを通じて,観光調査の具体的な方法を習得する。参加者には定期的な発表を義務づけ,参加者相互による討議の時間を設ける。授業以外にもフィールドワークや合宿その他の活動を行う予定であり,これらの活動は原則として担当者による他学年の演習参加者と合同で行う。
 授業ではテキストを題材としたスピーチを分担して行うとともに,前半は各自の関心に沿った自由研究の計画を発表して個別に調査を進め,後半はその研究成果を報告する。これと並行して,ゼミ合宿の調査分析作業を行う。 
 Students will learn specific methods for tourism research by reading specialized literature and materials in the above areas and conducting fieldwork. Students will be assigned regular presentations and time will be given for discussion. I plan to hold activities such as fieldwork, camp, etc. outside of class, and as a rule, these activities will be conducted jointly with participants of the instructor’s seminars in other years.
 In this class, students will give speeches on themes assigned from the textbook, and in the first half of the course, students will present a plan for an individual research project based on their interests and proceed with the research individually. In the latter half of the course, students will report on the results of their research. At the same time, students will conduct survey analysis work for the seminar camp. 
授業計画
Course
Schedule
1. 課題提出,発表割当 
2. スピーチ,個人研究発表 
3. スピーチ,個人研究発表 
4. スピーチ,個人研究発表 
5. スピーチ,ゼミ合宿調査分析経過報告 
6. スピーチ,個人研究発表 
7. スピーチ,個人研究発表 
8. スピーチ,個人研究発表 
9. スピーチ,ゼミ合宿調査分析経過報告 
10. スピーチ,個人研究発表 
11. スピーチ,個人研究発表 
12. スピーチ,個人研究発表 
13. スピーチ,ゼミ合宿成果報告 
14. 総括 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
定期的な発表の機会を活かすために,ゼミ合宿の調査分析と,個人研究テーマに沿った文献研究,調査の実施,結果の分析を進めること。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
出席状況・発表内容(70%) 、調査等への参加状況(30%)
テキスト
Textbooks
とくに使用しない。
参考文献
Readings
必要に応じて適宜紹介する。
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
注意事項
Notice
 


PAGE TOP