シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2020 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
自動登録/心理学実験実習1(心理学実験)(B)
(Practice in Psychological Experimental Methods 1 (Psychological Experiments) B) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
担当者 (Instructor) 日高 聡太(HIDAKA SOUTA)
川越 敏和(KAWAGOE TOSHIKAZU)
森井 真広(MORII MASAHIRO)
藤巻 峻(FUJIMAKI SHUN) 
時間割 (Class Schedule) 秋学期 (Fall Semester) 木曜日(Thu) 3時限(Period 3) N323(Room)
秋学期 (Fall Semester) 木曜日(Thu) 4時限(Period 4) N323(Room)
秋学期 (Fall Semester) 木曜日(Thu) 5時限(Period 5) N323(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
PSY2910 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes) 2018年度以降入学者対象

対面授業(詳細はhttps://spirit.rikkyo.ac.jp/academic_affairs/common/SitePages/stuinfo21.aspx掲載の対面授業実施科目一覧を確認のこと) 
テキスト用コード (Text Code) HM138 



授業の
目標
Course
Objectives
心理学実験の計画立案や実施,データの集計と基礎的な統計解析,報告書の作成に関して,具体的な体験を通して理解し,習得する。  
Learning how to draft plans for psychological experiments, conduct them, collect data, conduct basic statistical analysis and write reports from practical experience.  
授業の
内容
Course
Contents
この授業は「心理学調査実習1」と対になっており,「心理学実験実習1A」(春学期)履修者は秋学期に「心理学調査実習1A」を,また「心理学実験実習1B」(秋学期)履修者は春学期に「心理学調査実習1B」を履修することになる。1Aと1Bの授業内容は同じである。
心理学実験実習1A,1Bとも初回に全体ガイダンスをおこなう。全体ガイダンスでは注意事項を詳細に伝達するので必ず出席しなければならない。第2週からはインストラクターの指導下で実験実習をおこない,心理学実験の計画立案,実施,データの集計と基礎的な統計解析,報告書の作成について学ぶ。特に第3週以降は少人数の班に分かれて実習をおこなう。なお,各学期の最初10週で授業が完結する。各学期とも,残り4週において発展的な内容を扱う「心理学実験実習2」が選択科目として開講される。
実習種目としては以下のものを予定している。また,個別・集団レポート指導,集団研究指導もおこなう。
1. 視覚探索 2. 音源定位 3. 感覚尺度 4. 短期記憶 5. 心的回転 6. NIRSによる脳機能計測 7. GSR 
This class comes in pair with "Practice in Psychological Research Methods 1" class. Students who took "Practice in Psychological Experimental Methods 1A" in spring semester take "Practice in Psychological Research Methods 1A" in the fall semester, while those who took "Practice in Psychological Experimental Methods 1B" in fall semester take "Practice in Psychological Research Methods 1B" in the spring semester. The contents of 1A and 1B classes are the same.
At the start of Practice in Psychological Experimental Methods 1A and 1B, general guidance is conducted. It is important to be present at the guidance, because it communicates all the important points in detail. Starting from week 2, students engage in experiment training with the guidance of their instructors and learn to draft plans for psychological experiments, conduct them, collect data, conduct basic statistical analysis and write reports. Specifically, after week 3 they do practical training in small groups. The class ends in 10 weeks from the start of the semester. In each semester, the remaining 4 weeks are dedicated to an elective subject "Practice in Psychological Experimental Methods 2" which covers more advanced topics.
The training topics are listed below. Also, students receive individual and group guidance on reports and group guidance on research.
1. Visual search. 2. Sound localization. 3. Sensory scales. 4. Short-term memory. 5. Mental rotation. 6. Brain function measurement by NIRS. 7. GSR. 
授業計画
Course
Schedule
1. ガイダンス・集団レポート指導 
2. 実習種目(1) 
3. 実習種目(2) 
4. 個別レポート指導(1) 
5. 実習種目(3) 
6. 実習種目(4) 
7. 実習種目(5) 
8. 実習種目(6) 
9. 実習種目(7) 
10. 集団研究指導 
11. 個別レポート指導(2) 
12. 個別レポート指導(3) 
13. 個別レポート指導(4) 
14. 総括 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
各実習種目について,実施前に「心理学実験実習要領書」の内容を読み,予習をしておくこと。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
実習課題ごとに提出するレポート(100%)
備考(Notes)
種目毎に提出するレポートにより評価する。レポートは原則として,翌週の授業日に提出しなければならない。提出の遅延は厳しい減点対象となる。また種目実施日に欠席した者にはレポートの提出を認めない。
テキスト
Textbooks
学科で作成した「心理学実験実習要領書」を用いる。毎週持参すること。
参考文献
Readings
「心理学実験実習要領書」に記載。
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
注意事項
Notice
 


PAGE TOP