シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2020 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
自動登録/心理学演習B2
(Seminar on Psychology B2) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
担当者 (Instructor) 松永 美希(MATSUNAGA MIKI) 
時間割 (Class Schedule) 秋学期 (Fall Semester) 金曜日(Fri) 3時限(Period 3) N235(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
PSY3920 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes) 対面授業(詳細はhttps://spirit.rikkyo.ac.jp/academic_affairs/common/SitePages/stuinfo21.aspx掲載の対面授業実施科目一覧を確認のこと) 
テキスト用コード (Text Code) HM224 



授業の
目標
Course
Objectives
臨床心理学(おもに行動療法,認知行動療法),健康心理学などの領域に興味・関心のある学生を対象に,各自の研究テーマを決定し,先行研究を参考に,研究計画を立案するプロセスを学んでいく。 
For students who have interest in the fields of clinical psychology (mainly behavioral theory, cognitive behavioral theory) or health psychology, formulating their topics of research and learning the process of drafting a study plan based on preceding studies. 
授業の
内容
Course
Contents
臨床心理学(おもに行動療法,認知行動療法に関するアナログ研究),健康心理学の領域における英語論文を講読し,最新の理論や研究手法を学修する。後半は,卒業論文に関わる研究テーマおよび研究計画を立案し,発表する。 
Students learn about clinical psychology (mainly analog studies about behavioral therapy, cognitive behavioral therapy), health psychology through research papers and literature in English, study the latest research methods of clinical and health psychology. In the second half, they draft and present the research topic and research plan related to their graduation papers. 
授業計画
Course
Schedule
1. 心理学演習B1の振り返り 
2. 海外先行研究の講読と発表① 
3. 海外先行研究の講読と発表② 
4. 海外先行研究の講読と発表③ 
5. 卒論研究計画の立て方① 
6. 卒論研究計画の立て方② 
7. 卒論の実施計画の立案① 
8. 卒論の実施計画の立案② 
9. 卒論の実施計画の立案③ 
10. 卒論の実施計画の立案④ 
11. 卒論の実施計画の立案⑤ 
12. 実験・調査で必要なツール(質問紙、実験課題等)の作成① 
13. 実験・調査で必要なツール(質問紙、実験課題等)の作成② 
14. 実験・調査で必要なツール(質問紙、実験課題等)の作成③ 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
夏季休暇中に,海外論文を講読し,レジュメの作成を行います。
後半は,卒業論文に向けて研究計画を立案します。授業外の時間を使って,各自自分の研究計画を考えるために必要な国内外の論文を講読したり,そこから研究方法を検討したり,研究計画書作成することが必要となります。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
受講態度・討論への参加(30%) 、課題提出(40%) 、発表内容・プレゼンテーション(30%)
テキスト
Textbooks
なし
参考文献
Readings
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. 杉浦義典  アナログ研究の方法   新曜社  2009   
2. 石丸径一郎  調査研究の方法   新曜社  2011   
3. 木原雅子・木原正博  医学的研究のデザイン   メディカルサイエンスインターナショナル   2014   
4. 白井利明・高橋一郎  よくわかる卒論の書き方   ミネルヴァ書房  2013   
その他(Others)
そのほか,適宜指示する
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
注意事項
Notice
 


PAGE TOP