シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2020 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
HM235/心理学演習H1
(Seminar on Psychology H1) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
担当者 (Instructor) 日高 聡太(HIDAKA SOUTA) 
時間割 (Class Schedule) 春学期 (Spring Semester) 水曜日(Wed) 2時限(Period 2)  
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
PSY3920 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) HM235 



授業の
目標
Course
Objectives
知覚心理学,認知心理学(低次認知処理)および実験心理学に関連する研究知見と方法論を理解し,自身で新たな研究計画を立案すること。また,プレゼンテーション・ディスカッション能力の向上を目指す。 
Understanding research findings and methodology in perceptual psychology, cognitive psychology (low-level cognitive processing) and experimental psychology, as well as drafting new personal research plan. Also, the goal is to improve presentation and discussion skills. 
授業の
内容
Course
Contents
教員と個別に面談を行い,知覚心理学,認知心理学(低次認知処理)および実験心理学(脳機能計測も含む)の関連領域に関して,自身で関心のある研究テーマを選定する。そして,そのテーマに関係する知見(日本語・英語論文)の内容についてプレゼンテーション形式で発表を行い,履修者全員で議論・討論を行う。また,ゼミで行われる実験に,実験参加者や実験補助者として積極的に参加する。これらを通じて,研究知見と方法論について理解を深め,自身で新たに研究計画を立案する。その内容を期末レポートにまとめて提出する。また,必要に応じて,教員のサポートのもと,プログラミング言語の習得など実験の実施に必要不可欠なスキルを習得する。
講義科目「知覚心理学」を事前に受講し,単位修得している者の履修が望ましい。 
Students choose their preferred research topic from the fields of perceptual psychology, cognitive psychology (low-level cognitive processing), or experimental psychology (including brain function measurement) with having discussions with the mentor. They make a report in a form of presentation about findings related to the topic (from academic papers in English and Japanese) and discuss them with class participants. Also, they actively participate in or assist the experiments conducted in the seminar. This promotes their understanding of research findings and methodology, so they draft their new research plans. They are also required to submit the term paper. They can acquire essential skills for conducting experiments, such as programming languages, with the support from the mentor.
It is advisable that students have already attended and got credit from "Perceptual Psychology". 
授業計画
Course
Schedule
1. ガイダンス 
2. 教員との個別面談(1) 
3. 教員との個別面談(2) 
4. 研究発表(1) 
5. 研究発表(2) 
6. 研究発表(3) 
7. 研究発表(4) 
8. 研究発表(5) 
9. 研究発表(6) 
10. 研究発表(7) 
11. 研究発表(8) 
12. 研究発表(9) 
13. 研究発表(10) 
14. 総括 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
各自プレゼンテーション資料を準備すること。英語論文に基づいて研究発表をすることが望ましい。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
最終レポート(Final Report)(30%) 、研究発表資料・発表内容(30%) 、議論・討論への参加(30%) 、実験参加・補助等(10%)
テキスト
Textbooks
なし
参考文献
Readings
授業時に適宜紹介する。
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
注意事項
Notice
 


PAGE TOP