シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2020 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
HM316/知覚心理学(知覚・認知心理学)
(Perceputual Psychology (Psychology of Perception & Cognition)) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
担当者 (Instructor) 日高 聡太(HIDAKA SOUTA) 
時間割 (Class Schedule) 秋学期 (Fall Semester) 火曜日(Tue) 1時限(Period 1) オンライン
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
PSY2220 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) HM316 



授業の
目標
Course
Objectives
外界からの情報を受け取り,認識するための基本的な機能である感覚および知覚について様々なトピックを取り上げ,感覚・知覚・認知システムの機能特性およびその脳内神経メカニズム,さらにそれらを検証する方法論についての理解を深める。 
Promoting understanding about functional properties of sensory, perceptual, and cognitive systems, as well as their neural mechanism in the brain, as basic functions for acquiring and comprehending information from the outside world. The class covers various topics on sensory and perceptual phenomena and methodology of testing them. 
授業の
内容
Course
Contents
感覚・知覚・認知(特に低次認知)に関する心理現象に関する新旧のトピックを幅広く網羅し,感覚・知覚心理学における基本的な考え方や方法論に関する知識を深める。さらに,神経生理学的な知見についても随時紹介する。授業では,錯覚現象のデモンストレーションを提示して実際にそれらを体験してもらうと共に,脳内神経機構や脳機能計測法についてもイラストを交えて紹介する。これら具体的な経験を通じて,ヒトの感覚・知覚・認知システムがもつメカニズムの特性や柔軟性および生態学的妥当性について解説を行う。 
Students expand their knowledge on fundamental approaches and methodology in sensory and perceptual psychology by comprehending both the classic and latest topics of psychological phenomena related to sensory, perceptual and cognitive (especially low-level cognition) systems. Moreover, findings in neurophysiology are also introduced. During class they will see demonstrations of illusions, as well as learn about neural mechanisms in the brain and brain function measuring methods from illustrations. Through these experiences, they learn the characteristics, flexibility, and ecological validity of sensory, perceptual, and cognitive systems of the human. 
授業計画
Course
Schedule
1. 導入 
2. 脳内神経機構 
3. 脳機能計測法 
4. 明るさ知覚 
5. 色知覚 
6. 知覚体制化 
7. 運動知覚 
8. 多感覚情報処理(1) 
9. 多感覚情報処理(2) 
10. 物体・顔知覚 
11. 注意 
12. 意識 
13. 感性情報処理 
14. 総括 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
授業内で紹介する参考文献を予習あるいは復習することが望ましい。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
授業内課題(5%×12回分)(60%) 、最終テスト(40%)
備考(Notes)
質問ペーパーには,各回の授業で浮かんだ疑問や質問を記入してもらう。
【変更前】筆記試験(Written Exam)88%, 平常点(In-class Points)12% (質問ペーパー12%)
テキスト
Textbooks
指定しない。配付資料をもとに授業を進める。
参考文献
Readings
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. 村上郁也  Progress & Application 知覚心理学   サイエンス社  2019  978-4-7819-1452-7 
その他(Others)
授業時に適宜紹介する。
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
注意事項
Notice
 


PAGE TOP