シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2020 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
自動登録/卒業論文指導演習2
(Seminar on Thesis Writing 2) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
担当者 (Instructor) 松永 美希(MATSUNAGA MIKI) 
時間割 (Class Schedule) 秋学期 (Fall Semester) 水曜日(Wed) 4時限(Period 4) N849(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
PSY4910 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes) 対面授業(詳細はhttps://spirit.rikkyo.ac.jp/academic_affairs/common/SitePages/stuinfo21.aspx掲載の対面授業実施科目一覧を確認のこと) 
テキスト用コード (Text Code) HM542 



授業の
目標
Course
Objectives
 臨床心理学(行動療法,認知行動療法),健康心理学などの領域で卒業論文を作成する者を対象に,各自が実施した研究結果の整理と,卒業論文の作成を目的とする。 
For students that write their graduation papers in the fields of clinical psychology (mainly behavioral therapy, cognitive behavioral therapy) or health psychology, the goal is to organize the research results and write the graduation paper. 
授業の
内容
Course
Contents
 科学的研究の基礎要件を満たした研究を実施し,データを適切な統計手法を用いて処理する。また科学的論文の基礎要件を満たした,心理学研究の論文を作成していく。 
Students conduct research that meets the basic requirements for the scientific research, processing the data with the suitable statistical method. Also, they write an academic paper on psychological research that meets the basic requirements for a scientific paper. 
授業計画
Course
Schedule
1. 各自の研究結果の分析・記述① 
2. 各自の研究結果の分析・記述② 
3. 各自の研究結果の分析・記述③ 
4. 各自の研究結果の分析・記述④ 
5. ゼミ内中間発表会① 
6. ゼミ内中間発表会② 
7. 各自の研究結果の整理と考察① 
8. 各自の研究結果の整理と考察② 
9. 各自の研究結果の整理と考察③ 
10. 各自の研究成果報告と討論①(抄録を用いた討論) 
11. 各自の研究成果報告と討論②(抄録を用いた討論) 
12. 各自の研究成果報告と討論③(発表会資料の作成) 
13. ゼミ内最終プレゼンテーション① 
14. ゼミ内最終プレゼンテーション② 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
研究論文を作成するにあたり,関連論文の精読,データの解析および記述などを,講義外の時間に自主的におこなうことが必要である。また,到達目標を達成するためには,指導教員等への相談,添削やゼミ討論をうけて,論文を繰り返し修正する作業を行っていく。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
受講態度および討論への参加(30%) 、研究計画の実施(30%) 、研究結果の分析および論文作成への取り組み(40%)
テキスト
Textbooks
なし
参考文献
Readings
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. 小塩真司  SPSSとAmosによる心理・調査データ解析   東京図書     
2. 白井利明・高橋一郎  よくわかる卒論の書き方   ミネルヴァ書房     
3. 小塩真司・西口利文  質問紙調査の手順 (心理学基礎演習)   ナカニシヤ出版     
その他(Others)
授業内で指示する
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
注意事項
Notice
 


PAGE TOP