シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2020 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
自動登録/卒業論文指導演習2
(Seminar on Thesis Writing 2) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
担当者 (Instructor) 日高 聡太(HIDAKA SOUTA) 
時間割 (Class Schedule) 秋学期 (Fall Semester) 水曜日(Wed) 4時限(Period 4) N248(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
PSY4910 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes) 対面授業(詳細はhttps://spirit.rikkyo.ac.jp/academic_affairs/common/SitePages/stuinfo21.aspx掲載の対面授業実施科目一覧を確認のこと) 
テキスト用コード (Text Code) HM548 



授業の
目標
Course
Objectives
卒業論文指導演習1に引き続き,知覚心理学,認知心理学(低次認知処理)および実験心理学に関連するテーマについて,卒業論文を作成するための研究指導を行う。 
As a continuation of Seminar on Thesis Writing 1, students will receive guidance practical research and writing graduation papers on the topics related to perceptual psychology, cognitive psychology (low-level cognitive processing) and experimental psycho 
授業の
内容
Course
Contents
卒業論文指導演習1での活動内容をもとに,卒業研究を実施する学生に実験の実施と論文作成の指導を行う。また,履修者全員で,定期的に実験の進捗状況や収集したデータなどについてプレゼンテーション形式で発表を行い,議論・討論をする機会を設ける。 
Based on the activities of the Seminar on Thesis Writing 1, guidance will be provided on conducting experiments and writing academic papers to students who work on their graduation research projects. Also, students discuss and debate about their experiment progress and data. 
授業計画
Course
Schedule
1. ガイダンス 
2. 教員との個別相談(1) 
3. 教員との個別相談(2) 
4. 教員との個別相談(3) 
5. 全体演習(1) 
6. 教員との個別相談(4) 
7. 教員との個別相談(5) 
8. 教員との個別相談(6) 
9. 全体演習(2) 
10. 教員との個別相談(7) 
11. 教員との個別相談(8) 
12. 教員との個別相談(9) 
13. 全体演習(3) 
14. 全体演習(4) 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
卒業論文指導演習1で行った研究活動の内容を踏まえて,演習に臨むこと。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
卒業研究の計画・実施(60%) 、経過報告(20%) 、個別・全体討論(20%)
備考(Notes)
卒業論文本体とは独立して評価を行う。
テキスト
Textbooks
なし
参考文献
Readings
授業時に適宜紹介する。
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
注意事項
Notice
 


PAGE TOP