シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2020 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
その他登録/基礎演習5
(Basic Research Seminar 5) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
中国古代思想家たちの知恵 
担当者 (Instructor) 加藤 千恵(KATO CHIE) 
時間割 (Class Schedule) 春学期 (Spring Semester) 月曜日(Mon) 3時限(Period 3)  
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
BEC2320 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) HN165 



授業の
目標
Course
Objectives
紀元前の中国の代表的な思想家のことばを読み,理解を深める。とくに共通の文化の基盤をもつ日中韓の東アジアにおいて、どうふるまっていくべきかを考える。 
The aims of this course are for students to read and promote their understanding of representative ancient Chinese thought, especially considering how they should behave in East Asia.  
授業の
内容
Course
Contents
孔子・荘子・韓非子・墨子・孟子・荀子の思想について知識を得たうえで,「規則は必要か」「無為の政治は可能か」「真のリーダーシップとは」「競争は必要か」「知識は多ければいいのか」などのテーマについて各思想家の考えを比較しつつ考察する。授業は,教員の講義と担当者の報告と全員の意見交換によって進めてゆく。担当者は,古典文献の訳注や参考図書を使って思想家たちのことばの意味を調べ,授業時に報告する。 
In this course, students acquire knowledge of ancient Chinese thought and consider certain subjects, for example: "Do we have to keep rules?" "What kind of government is the best?" "Do we have to compete?" "Does more knowledge make us happier?”
At each meeting, one student in charge presents a report, and all the students exchange opinions. The person in charge carefully reads his/her part, does research if necessary, and explains the material to the other students. 
授業計画
Course
Schedule
1. ガイダンス・図書館案内・担当課題割り振り 
2. 講義:諸子百家と孔子について 
3. 報告:盗人の罪と親孝行 ― もし親が盗みをはたらいたら…
講義:韓非子と法家について 
4. 報告:儒家の「孝」と墨家の「兼愛」
講義:孝について 
5. 報告:儒家の「徳治」 
6. 報告:法家の「法治」と道家の「無為の治」 
7. 講義:老子と荘子、
   道家の理想社会について 
8. 報告:墨家の「尚賢」 ― 競争は必要か
講義:墨子について 
9. 報告:「仁」と「礼」 ― 仁とは何か
講義:礼について 
10. 報告:「仁」と「礼」 ― 形式か中身か
講義:孟子と荀子について 
11. 報告:学問と修養 ― 誰のために学ぶのか 
12. 報告:学問と修養 ― 知識は多ければいいのか 
13. まとめ1 
14. まとめ2 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
初回に説明する。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
報告および授業参加への積極的な態度(70%) 、授業最終日に提出する小レポート(30%)
テキスト
Textbooks
初回に配布する。
参考文献
Readings
初回に紹介する。
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
注意事項
Notice
 


PAGE TOP