シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2020 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
自動登録/社会福祉入門演習
(Introduction to Social Work) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
担当者 (Instructor) 西田 恵子(NISHIDA KEIKO)
松山 真(MATSUYAMA MAKOTO)
平野 方紹(HIRANO MASAAKI)
三宅 雄大(MIYAKE YUDAI)
長倉 真寿美(NAGAKURA MASUMI)
湯澤 直美(YUZAWA NAOMI)
後藤 広史(GOTO HIROSHI)
岡 桃子(OKA MOMOKO)
田中 悠美子(TANAKA YUMIKO)
飯村 史恵(IIMURA FUMIE)
杉山 明伸(SUGIYAMA AKINOBU) 
時間割 (Class Schedule) 秋学期 (Fall Semester) 水曜日(Wed) 3時限(Period 3) オンライン
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
CMB1140 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes) 福祉学科必修科目
2016年度以降入学者対象 
テキスト用コード (Text Code) IB025 



授業の
目標
Course
Objectives
基礎演習で身に付けた大学での学び方の基本的なスキルを活かし、社会福祉の実践現場で展開されている多様な活動について学び、今後、福祉学科で学習するための基盤を形成する。 
Students make use of fundamental learning skills acquired from university in Basic Seminar to learn about the various activities being developed in the practice of social welfare. This forms the basis for future studies in the Department of Social Work. 
授業の
内容
Course
Contents
1)第1回・2回の授業は、基礎演習クラスで実施する。
基礎演習で課された夏季休暇中の課題であるボランティア・インタビュー体験を共有することにより、フィールドで学ぶ意味や方法を理解する。
2)第3回から13回までの授業は合同クラスで実施する。
3)第3回では、履修の仕組み・学びの方法につき習得する。
4)第3回から13回までの授業は福祉学科専任教員が専門分野について講義する。
5)第14回にまとめを基礎演習のクラスにて行う。 
1) Classes 1 to 2 are conducted in a basic seminar class.
By sharing volunteer interview experiences during summer vacation assigned in Basic Seminar, students will understand the meaning and method of learning in the field.
2) Classes 3 to 13 are conducted as joint classes.
3) In Class 3, students learn about course structure and academic learning methods.
4) In Classes 3 to 13, full-time teachers of Department of Social Work lecture on their area of specialization.
5) Class 14 is a summary of the course in Basic Seminar. 
授業計画
Course
Schedule
1. 夏季休暇中のボランティア体験等の共有 
2. 夏季休暇中のボランティア体験等の共有 
3. 福祉学科4年間での学びの体系・方法の理解
福祉学科専任教員による講義 
4. 福祉学科専任教員による講義 
5. 福祉学科専任教員による講義 
6. 福祉学科専任教員による講義 
7. 福祉学科専任教員による講義 
8. 福祉学科専任教員による講義 
9. 福祉学科専任教員による講義 
10. 福祉学科専任教員による講義 
11. 福祉学科専任教員による講義 
12. 福祉学科専任教員による講義 
13. 福祉学科専任教員による講義 
14. まとめ:学びの展開に向けて 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
大学生の学びを理解するため, 授業時間以外の自己学習を行うこと。 内容は担当教員がそれぞれ指示する。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
最終レポート(Final Report)(30%) 、出席・参加状況 (出席, リアクションペーパーや小レポート)(70%)
テキスト
Textbooks
なし
参考文献
Readings
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
注意事項
Notice
 


PAGE TOP