シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2020 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
自動登録/基礎演習
(Basic Seminar) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
担当者 (Instructor) 専任教員(FULL TIME TEACHER)  
時間割 (Class Schedule) 春学期 (Spring Semester) 水曜日(Wed) 2時限(Period 2)  
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
CMB1390 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes) 必修科目 
テキスト用コード (Text Code) IB057 



授業の
目標
Course
Objectives
大学での主体的な学び方について考え,準備を行う。基本的学習技術を習得する。学部の特徴や専門性について理解した上で,自分の将来設計を考える。 
Think about and prepare for independent learning at university. Master basic learning skills. Understand the features and expertise of the department, and consider its future design. 
授業の
内容
Course
Contents
アカデミックアドバイザー(教員)1人に対して20~25人で行う。
授業内容は各アカデミックアドバイザーが専門性を生かしながら,講義を展開していくが,上記目標を達成するために,次のようなことができるよう主体的に学び,参加することを期待する。
1)立教大学,そして大学生活のスタートを円滑にするために,大学を知り,友人をつくり帰属意識を高める。
2)基本的学習技術(主体的学びの方法,レポートの書き方,ディスカッションやプレゼンテーションなど)について理解を深め,図書館やメディアセンターなど大学のさまざまな機能を自ら活用できるようになる。
3)学部・学科の専門性を理解した上で,4年間の学びの計画を立て,卒業後の進路を考えることができる。 
An academic adviser (teacher) takes 20-25 people.
Each academic adviser develops their lectures to make the most of their expertise to achieve the above goals. Students are expected to participate and study for themselves in order to do the following.
1) To facilitate your start at Rikkyo University in university life, learn about the university, make friends and gain a sense of belonging.
2) Deepen your understanding of basic learning techniques (how to study independently, report writing, discussions, presentations, etc.) and learn to use the various functions of the university for yourself, such as the library and media center.
3) After understanding the features of the faculties and departments, you will be able to plan your studies for the next four years and think about what you will do after graduation. 
授業計画
Course
Schedule
1. ガイダンス・基礎演習とは何か 
2. アイスブレイク(自己および他者理解など) 
3. 情報検索講習 
4. 文献検索 
5. 文献発表および議論 
6. ソフトウェア講習 
7. グループ発表および議論1 
8. グループ発表および議論2 
9. グループ発表および議論3 
10. グループ発表および議論4 
11. グループ発表および議論5 
12. グループ発表および議論6 
13. グループ発表および議論7 
14. 初年次春学期教育のまとめ 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
大学生の学びを理解するため,授業時間以外の自学学習を行うこと。内容は担当教員がそれぞれ指示する。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
出席参加状況(出席,リアクションペーパーや小レポート,課題の達成度などを含む)(70%) 、最終レポート(30%)
テキスト
Textbooks
『基礎演習ガイドブック』を配付する。
参考文献
Readings
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. 坂田周一他  新・コミュニティ福祉学入門   有斐閣  2013  9784641184138 
その他(Others)
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
注意事項
Notice
 


PAGE TOP