シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2020 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
その他/福祉ワークショップ
(Workshop in Social Welfare) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
担当者 (Instructor) 田中 悠美子(TANAKA YUMIKO)ほか 
時間割 (Class Schedule) 春学期 (Spring Semester) 水曜日(Wed) 3時限(Period 3)  
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
CMB2310 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes) 福祉学科必修科目 
テキスト用コード (Text Code) IB071 



授業の
目標
Course
Objectives
相談援助の知識と技術に係る他の科目との関連性も視野に入れつつ、社会福祉士に求められる相談援助に係る知識と技術について、次に掲げる方法を用いて、実践的に習得するとともに、専門的援助技術として概念化し理論化し体系立てていくことができる能力を涵養する。
① 総合的かつ包括的な援助及び地域福祉の基盤整備と開発に係る具体的な相談援助事例を体系的にとりあげること。
② 個別指導並びに集団指導を通して、具体的な援助場面の訪問を中心とする演習形態により行うこと。 
Understand the relationship between social work knowledge and skills and other subjects.Students will acquire practical skills and develop the ability to conceptualize, theorize, and organize them as specialized assistance techniques.(1) Systematically study cases of consultation and assistance related to comprehensive assistance and the foundation for community welfare.
(2) Provide individual and group guidance. And, it visits the practice field of the social welfare. 
授業の
内容
Course
Contents
 本授業は、学科の必修科目である。また、社会福祉士国家試験指定科目であり、社会福祉の国家資格取得や「社会福祉援助技術現場実習」の履修を希望する学生が受講する必須科目である。本授業は、次年度に予定されている社会福祉援助技術現場実習にあたっての準備学習として位置づける。
 様々なフィールドワークに積極的に参加し、その現場で展開している実践活動に参加するための準備と、振り返りを共有する。 
This course is a mandatory subject for the department. This is a designated subject for the national certified social worker examinations and is essential for students who wish to acquire a national social welfare qualification and take the "social work assistance techniques on-site practicum” course. This class is positioned as preparation learning for the social work assistance techniques on-site practicum planned for next year.
 Actively participate in various fieldwork activities, share preparations and reflections for participating in practical activities developed in the field. 
授業計画
Course
Schedule
1. オリエンテーション(各プログラムの説明と注意事項) 
2. 現場訪問、体験学習の準備と問題意識の共有化 
3. 社会福祉専門職として求められる自己理解、自己覚知 
4. 基本的なコミュニケーション技術の習得 
5. 課題別の相談援助事例を活用した包括的援助の実践的習得(1) 社会的排除等 
6. 課題別の相談援助事例を活用した包括的援助の実践的習得(2) 虐待(児童・高齢者)等 
7. 課題別の相談援助事例を活用した包括的援助の実践的習得(3) 家庭内暴力(DV)等 
8. 課題別の相談援助事例を活用した包括的援助の実践的習得(4) 低所得者・ホームレス等 
9. 課題別の相談援助事例を活用した包括的援助の実践的習得(5) 障害者等 
10. 課題別の相談援助事例を活用した包括的援助の実践的習得(6) その他の危機状態にある相談援助事例(権利擁護活動を含む)等 
11. フィールドワーク(1) 
12. フィールドワーク(2) 
13. まとめの学習(準備) 
14. まとめの学習(総括発表) 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
必要に応じ、授業時に提示する。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
出席及び受講態度、授業参加度(60%) 、期末最終レポートの提出(40%)
備考(Notes)
期末最終レポートの提出を単位修得の必須条件とし、授業参加度を重視する。成績発表は秋学期末とする。
テキスト
Textbooks
なし
参考文献
Readings
必要に応じて授業内で紹介する。
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
担当者:赤畑淳、岡桃子、岡田哲郎、尾川勇、唐木理恵子、杉山明伸、田中悠美子、中川謙夫、福本麻紀、三宅雄大 
注意事項
Notice
 


PAGE TOP