シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2020 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
IB235/介護技術論
(Practice of Care Work) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
担当者 (Instructor) 田中 悠美子(TANAKA YUMIKO) 
時間割 (Class Schedule) 秋学期 (Fall Semester) 水曜日(Wed) 2時限(Period 2) オンライン
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
CMB2140 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes) 【2020年4月17日付学期欄変更】(変更理由:開講学期変更のため) 
テキスト用コード (Text Code) IB235 



授業の
目標
Course
Objectives
対象に心地よい介護技術を考えることができる。 
They will be able to think about care techniques that ensure comfort for the patients. 
授業の
内容
Course
Contents
・基本的な介護技術の根拠や手順、個別に配慮するポイントについて学ぶ。
・知識を活かして、一部の技術を体験する。
・「対象に心地よい介護技術」について検討をする。 
・Learn the basics and procedures of fundamental care techniques and points for individual consideration.
・Utilize knowledge and experience certain techniques.
・Review the “Practice of care work to ensure patients' comfort.” 
授業計画
Course
Schedule
1. オリエンテーション 
2. 対象者の理解、身体機能の観察や評価 
3. コミュニケーション技術1(視覚障害・聴覚障害) 
4. コミュニケーション技術2(認知機能障害) 
5. 認知症の人とのコミュニケーション 
6. 家族介護者の理解と支援 
7. 感染予防、介護を展開する前の準備 
8. 移動の介護1(起居動作) 
9. 移動の介護2(車椅子移動) 
10. 食事の介護1(摂食・嚥下のメカニズム) 
11. 食事の介護2(様々な食事形態) 
12. 排泄の介護 
13. 口腔ケア 
14. 住環境、住宅改修 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
・授業中に資料を配布する。
・その他、学習準備については、各回の講義で指示する。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
平常点、授業参加度(70%) 、レポート(30%)
テキスト
Textbooks
なし
参考文献
Readings
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
実技の体験をする時には、動きやすい服装で参加して下さい。 
注意事項
Notice
【2020年4月17日付学期欄変更】(変更理由:開講学期変更のため) 


PAGE TOP