シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2020 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
その他/実習指導
(Seminar on Fieldwork) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
担当者 (Instructor) 専任教員(FULL TIME TEACHER)  
時間割 (Class Schedule) 通年 (Full year) 金曜日(Fri) 3時限(Period 3) オンライン
単位 (Credit) 4単位(4 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
CMB3310 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) IB590 



授業の
目標
Course
Objectives
相談援助実習の意義について理解するとともに,個別並びに集団指導を通して、相談援助に関わる知識と技術について具体的かつ実際的に理解し、実践的な技術等を体得する。 
As well as understanding the meaning of counseling support training, students will acquire practical understanding of knowledge and skills related to counseling support, as well as the ability to provide integrated support. 
授業の
内容
Course
Contents
実習カリキュラムでは実習前に援助技術演習1, 2を履修し,実習指導は実習年度に現場実習と併行して履修することとなっている。それは援助技術演習1, 2で学んだ知識を現場実習というフィールドワーク,臨床の場で実践に結び付け期待される学習効果を確かにするねらいを持っている。実習で持った疑問,感じた事柄,利用者理解,フィールドで受けた指導の正確な把握などを各領域での集合学習,また教員の巡回指導に合わせ実習ノートをベースにして行う個別的な指導を含めて学ぶことになる。授業の一環として実習現場へ巡回し個別に指導を実施する。帰校日を設定し,指導を行う場合もある。 
In the practical training curriculum, prior to practical training, social work assistance techniques on-site practicum 1 and 2 are taken, with practical training guidance taken concurrently with on-site training in the training year. The aim is to connect the knowledge learned in social work assistance techniques on-site practicum 1 and 2, to fieldwork in on-site training and practice in the clinical settings, to check expected learning outcomes. Integrated learning in each field, precisely grasping instruction received in the field, along with questions and feelings, in addition to individualized instruction based on practical training notes in accordance with group learning. As part of the class, we will visit training sites and provide individual instruction in turn. In some cases, we will set a return date and provide instruction. 
授業計画
Course
Schedule
1. オリエンテーション 
2. 実習領域に関する基本的理解 
3. 事前訪問に関する留意点と観点 
4. 実習目的に関する論議 
5. 実習方法に関する論議 
6. 実習ノートの書き方 
7. 実習体験の報告と論議 
8. 実習体験の報告と論議 
9. 実習体験の報告と論議 
10. 実習体験の報告と論議 
11. 実習体験の報告と論議 
12. 実習体験の報告と論議 
13. 実習体験の報告と論議 
14. 実習体験の報告と論議 
15. 春学期の到達点と総括 
16. 秋学期の実習目的の作成と論議 
17. 秋学期の実習目的の作成と論議 
18. 実習体験の報告と論議 
19. 実習体験の報告と論議 
20. 実習体験の報告と論議 
21. 実習体験の報告と論議 
22. 実習体験の報告と論議 
23. 実習体験の報告と論議 
24. 実習体験の報告と論議 
25. 実習体験の報告と論議 
26. 実習体験の報告と論議 
27. 実習体験の報告と論議 
28. 実習報告会の準備 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
必要に応じ,授業時に提示する。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
最終レポート(Final Report)(30%) 、学習態度と実習体験の理解(30%) 、実習ノートの内容(20%) 、現場実習の達成度(20%)
テキスト
Textbooks
特に指定しない。
参考文献
Readings
担当の教員が必要に応じて紹介する。
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
現場実習終了後も本授業は継続するので出席すること。 
注意事項
Notice
 


PAGE TOP