シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2020 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
その他/精神保健福祉援助実習指導2
(Practical Training on the Health and Welfare for Mentally Handicapped Person 2) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
担当者 (Instructor) 赤畑 淳(AKAHATA ATSUSHI) 
時間割 (Class Schedule) 秋学期 (Fall Semester) 金曜日(Fri) 4時限(Period 4) オンライン
単位 (Credit) 1単位(1 Credit) 
科目ナンバリング
(Course Number)
CMB3320 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) IB597 



授業の
目標
Course
Objectives
精神保健福祉援助実習での具体的な体験や活動を通して得た学びを振り返り、実践と理論を統合して理解する。
①精神保健福祉援助実習の意義について理解する
②ソーシャルワーク実践に関わる知識と技能について現場実習の体験を軸に具体的に理解する
③ソーシャルワーク実践に総合的に対応できる能力を習得する 
Reflecting on the learning gained through specific experiences and activities at Fieldwork in Psychiatric Social Work, we aim for students to achieve an understanding that integrates practice with theory, with the following objectives.
(1) To understand the meaning of Fieldwork in Psychiatric Social Work.
(2) To understand the solid knowledge and skills involved in social work practice, based on the experience of placement training.
(3) To gain the ability to deliver integrated support in social work practice. 
授業の
内容
Course
Contents
本授業は精神保健福祉士国家試験受験のための必須科目です。
実習後指導として、個別指導・集団指導を通して「精神保健福祉援助実習」による実践現場での体験を振り返ります。更に実習で得た学びについてまとめ、実習報告書を作成し、実習報告会で発表します。  
This class is required designated subject for the national psychiatric social worker examination.
In post-placement tutorials, we will reflect on experiences of in-the-field training through the “Fieldwork in Psychiatric Social Work” with individual and group guidance provided. Furthermore, students will summarize the learning gained in the training, prepare a training report, and present to the training report session. 
授業計画
Course
Schedule
1. 実習目標と実習計画の再確認 
2. 実習評価(自己評価と実習指導者による評価) 
3. 実習ノートを活用した実習体験の振り返り(1) 
4. 実習ノートを活用した実習体験の振り返り(2) 
5. 実習ノートを活用した実習体験の振り返り(3) 
6. 実習体験に基づく事例検討(1) 
7. 実習体験に基づく事例検討(2) 
8. 実習体験に基づく事例検討(3) 
9. 実習体験に基づく事例検討(4) 
10. 実習を踏まえた課題の整理 
11. 実習総括レポートの作成(1) 
12. 実習総括レポートの作成(2) 
13. 実習報告会の準備 
14. 実習報告会(評価全体総括)の参加 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
・日ごろから新聞を読み、また社会情勢やニュース等に関心を持つようにしましょう。特に精神保健福祉関連記事は目を通し、その経緯や背景を調べる習慣をつけるようにしましょう。
・「精神保健福祉援助演習(基礎)」」「精神保健福祉援助実習指導1」を履修済みであり、「精神保健福祉援助実習」と併行して実習年度に履修すること。  
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
出席及び受講態度、授業参加度(70%) 、課題の提出(30%)
備考(Notes)
出席を重視し指定回数以上の欠席は単位不可とします。
テキスト
Textbooks
なし
参考文献
Readings
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. 福祉臨床シリーズ編集委員会編  精神保健福祉援助実習〔第2版〕   中央法規出版株式会社  2018   
その他(Others)
必要に応じて、適宜紹介します。
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
注意事項
Notice
 


PAGE TOP