シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2020 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
その他/社会福祉援助技術演習3
(Seminar:Social Work Practice3) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
担当者 (Instructor) 三宅 雄大(MIYAKE YUDAI)ほか 
時間割 (Class Schedule) 秋学期 (Fall Semester) 金曜日(Fri) 4時限(Period 4) オンライン
単位 (Credit) 1単位(1 Credit) 
科目ナンバリング
(Course Number)
CMB3310 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes) 岡,池田,丸山,三宅,田中,岡田が担当 
テキスト用コード (Text Code) IB635 



授業の
目標
Course
Objectives
 本授業では、社会福祉援助技術現場実習での具体的な体験や活動を通して得た学びを振り返り、実践と理論を統合して理解することを目指す。具体的には:
① 相談援助実習の意義について理解する。
② 相談援助実習に係る個別指導並びに集団指導を通して、相談援助に係る知識と技術について具体的かつ実際的に理解し実践的な技術等を体得する。
③ 社会福祉士として求められる資質、技能、倫理、自己に求められる課題把握等、総合的に対応できる能力を習得する。
④ 具体的な体験や援助活動を、専門的援助技術として概念化し理論化し体系立てていくことができる能力を涵養する。 
 The aim of this seminar is to reflect experiences of social work practice, and to integrate these experiences into theory of social work:
(1) Understanding the significance of social work practice.
(2) Understanding knowledge and skills related to social work, and acquiring practical skills etc. both individually and in groups.
(3) Acquiring the dispositions, skills, ethics and self-awareness required as a social worker.
(4) Cultivating the ability: that is to conceptualize, theorize and formulate their experiences of social work practice as professional social work skills. 
授業の
内容
Course
Contents
 個々の実習体験を踏まえて,具体的な課題別の相談援助事例を活用し,総合的かつ包括的な援助について実践的に習得する。実習事例を題材として,具体的な相談援助場面及び相談援助の過程を想定した実技指導を行う。
 相談援助に係る知識と技術について個別的な体験を一般化し,実践的な知識と技術として習得できるように,現場実習における学生の個別的な体験も視野に入れつつ,集団指導並びに個別指導による実技指導を行う。 
 Based on their individual practical training experiences, utilizing concrete problem-based case-studies, students will learn practical, integrated and inclusive support. Using practical case-studies as examples, students will receive practical instruction on specific counseling support situations, as well as hypothetical past cases.
 Students will acquire the practical skills and knowledge related to counseling support, based on their individual experience, incorporating what was learned during placement training, while receiving practical guidance, both individually and in groups. Cultivating the ability to conceptualize, theorize and formulate specific experiences and support activities as specialist support techniques. 
授業計画
Course
Schedule
1. 相談援助実習と相談援助実習指導における個別指導及び集団指導の意義の再確認(実習目標と実習計画) 
2. 実習ノートを活用した実習体験の振り返り1)施設や事業者・機関・団体・地域社会等に関する基本的理解 
3. 実習ノートを活用した実習体験の振り返り2)利用者個人のプライバシーの保護と守秘義務等に関する理解(個人情報保護法の理解を含む) 
4. 実習ノートを活用した実習体験の振り返り3)ソーシャルワーカーと守秘義務に関する基本的理解 
5. 相談援助に係る知識と技術に関する理解(実習体験に基づく事例検討1) 高齢者・介護保険 
6. 相談援助に係る知識と技術に関する理解(実習体験に基づく事例検討2) 児童家庭福祉 
7. 相談援助に係る知識と技術に関する理解(実習体験に基づく事例検討3) 地域福祉・公的扶助 
8. 相談援助に係る知識と技術に関する理解(実習体験に基づく事例検討4) 医療福祉 
9. 相談援助に係る知識と技術に関する理解(実習体験に基づく事例検討5) 障害者・触法者支援 
10. 実習記録と体験を踏まえた課題の整理と総括レポートの作成1) 
11. 実習記録と体験を踏まえた課題の整理と総括レポートの作成2) 
12. 実習記録と体験を踏まえた課題の整理と総括レポートの作成3) 
13. 実習の評価と全体総括(実習報告会準備を含む) 
14. まとめ 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
事前に指定された課題に関して,当日授業に参加できるように、準備して臨むこと。  
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
出席及び受講態度、授業参加度(70%) 、実習報告レポート及び実習報告会準備への取り組み(30%)
備考(Notes)
出席し演習に参加することを重視する。
テキスト
Textbooks
なし
参考文献
Readings
必要に応じて授業内で紹介する。
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
注意事項
Notice
 


PAGE TOP