シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2020 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
その他/社会福祉援助技術演習2
(Seminar:Social Work Practice2) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
担当者 (Instructor) 岡 桃子(OKA MOMOKO)ほか 
時間割 (Class Schedule) 秋学期 (Fall Semester) 月曜日(Mon) 4時限(Period 4) オンライン
単位 (Credit) 1単位(1 Credit) 
科目ナンバリング
(Course Number)
CMB2310 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes) 岡のほか池田、福本、三宅、田中、丸山が担当 
テキスト用コード (Text Code) IB786 



授業の
目標
Course
Objectives
「社会福祉援助技術演習1」と関連させ、社会福祉士に求められる相談援助に係る知識と技術、基本的な視点や原則、姿勢・態度について理解を深め、個別指導並びに集団指導を通して、援助技術の基礎を習得する。
相談事例等を通して、ロールプレイやグループワークによる実践的・体験的な方法を用いながら、相談援助に関わる理論や知識、基本的なソーシャルワークの展開過程について理解を深め、相談援助の専門性について実践的に習得することを目標とする。 
Roleplays and group work related to the “Social work assistance techniques on site practicum 1” are intended to deepen understanding of the knowledge, skills, basic perspectives, principles and attitudes necessary for social welfare professionals, and to learn the basics of support skills in a practical and experiential manner.
The aim of this class is to deepen understanding of theory and knowledge related to counseling support, and the development process of basic social work from counseling case studies, and to acquire practical expertise in counseling support.  
授業の
内容
Course
Contents
本授業は、社会福祉の国家資格取得や「社会福祉援助技術現場実習」の履修を希望する学生が受講する必須科目である。「社会福祉援助技術演習1」と合わせて履修すること。
本授業は、次年度に予定されている社会福祉援助技術現場実習にあたっての準備学習として位置付ける。 
This class is a designated subject for the national certified social worker examinations and is essential for students who wish to acquire a national social welfare qualification and take the "social work assistance techniques on-site practicum” course. Students who take this course should also take Seminar: Social Work Practice 1.
This class is positioned as preparation learning for the social work assistance techniques on-site practicum planned for next year. 
授業計画
Course
Schedule
1. 社会福祉士養成課程における実習・演習の位置づけ 
2. 福祉サービスにおける利用者の理解 
3. ソーシャルワークの展開過程 1)インテーク 
4. ソーシャルワークの展開過程 2)アセスメント 
5. ソーシャルワークの展開過程 3)プランニング 
6. ソーシャルワークの展開過程 4)支援の実施 
7. ソーシャルワークの展開過程 5)モニタリング及び効果測定 
8. ソーシャルワークの展開過程 6)終結とアフターケア 
9. 記録の書き方について 1) 
10. 記録の書き方について 2) 
11. 事例に学ぶ相談援助実践 1)アウトリーチ 
12. 事例に学ぶ相談援助実践 2)チームワーキング 
13. 事例に学ぶ相談援助実践 3)ネットワーキング 
14. 次年度に向けた総括と振り返り 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
ソーシャルワークの基礎理論について学んでおくこと。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
出席および受講態度、授業参加度(80%) 、課題の提出(20%)
テキスト
Textbooks
なし
参考文献
Readings
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
注意事項
Notice
 


PAGE TOP